vol.240.冬から春へ

3月中旬を過ぎた北海道富良野。

朝晩は氷点下まで気温が下がる日もありますが、日中の陽射しの力強さに春を感じるようになりました。

暖かい日差しを受けて、ヤナギの芽も膨らみ始めています。

白い雪に覆われていた畑には、雪解けをすすめる融雪剤がまかれました。

上富良野町・ジェットコースターの路

そんなある日、上富良野町の【ジェットコースターの路】へドライブに出かけました。

アップダウンのある直線が続く道路です。

道沿いの畑も、暖かい日差しに照らされ、雪解けがすすんでいます。

頂きに白い雪をのせた十勝岳連峰が綺麗に見えています。

この場所は、素晴らしい景色が楽しめるスポット【かみふらの八景】の一つに選定されています。

正面には、白い噴煙の上がる十勝岳がハッキリと見えます。

青い空の広がる今日は、十勝岳連峰から

北海道の最高峰として知られる旭岳まで美しい山並みを見ることができます。

【ジェットコースターの路】を走るドライブ。

とても気持ちが良いです。

道路の雪はすっかりとけていますが、畑にはまだたくさんの雪が残っています。

白い丘の上の融雪剤の黒い粉が、

模様のように見えます

スノーモービルを使ってまかれた畑の融雪剤は

綺麗な曲線を描いています。

白い雪面に描かれたアートのようです。

富良野の春の訪れを感じる光景です。

富良野市鳥沼公園

富良野市街から鳥沼公園へと向かう途中。

陽射しの暖かさからは春を感じます。

鳥沼公園の雪解けも進んでいるようです。

沢山の大きな木々

その木々の根元が丸く雪が溶け、雪根開きが見られます

春の訪れを感じさせてくれる風景です。

溶けては固まりを繰り返して、シャーベット状になった

雪面を歩いていきます。

遠くでマガモがゆっくり羽を休めています

四季を通して美しい景色を楽しめる鳥沼公園。

ここでも確実に春が近づいていることを感じました。

中富良野町・北星山から

朝、明るくなる時刻も早くなりました。

午前6時。

中富良野町の北星山山頂へ向かいます。

東の空、十勝岳連峰の向こうが明るく輝いています。

南の空、富良野市の方向には、芦別岳や富良野西岳が朝日に照らされています。

6時15分。富良野岳の向こうから朝日が昇ってきました。

真冬の季節、1月の初め頃と比べると、1時間近く、日の出の時刻が早くなりました。

太陽が昇ってくる方向も変化しています。

季節が移り変わっていることを実感できます。

まぶしい光が中富良野町の街並みを包んでいます。

雪解けが一層すすみそうな、快晴の一日の始まりです。

夕方。

日が暮れて暗くなる時刻も遅くなりました。

午後5時。

雲一つない空に、白い十勝岳がくっきりと見えています。

夕暮れを迎える空がゆっくりと色を変えていきます。

静かな夕暮れ時。

雄大な山並みを眺めていると、とても穏やかな気持ちになります。

西の空を夕暮れ色に染めながら、ゆっくりと日が沈んでいきました。

今日は、冬から春へと移り行く、富良野の風景をお届けしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

vol.239.冬のドライブ

次の記事

vol.241.春の訪れ