vol.192.中富良野町北星山から望む十勝岳連峰の四季

北海道のほぼ中央に位置する中富良野町。

JR中富良野駅の背後に広がる北星山は、町のシンボルとして親しまれています。

標高300mほどの北星山山頂からは、春夏秋冬、四季折々の十勝岳連峰の美しい山並みを望むことが出来ます。

初夏の頃。

北星山の斜面に広がるラベンダー畑と、

その向こうに広がる緑色の豊かな大地。

十勝岳連峰には大きな夏雲がかかっています。

真夏の夕方。

突然の夕立のあと。

空が赤く染まり、十勝岳連峰の上には大きな虹がかかりました。

作物が実る頃。

十勝岳連峰の裾野に広がる豊かな大地が黄金色に輝きます。

畑ではタマネギなどの収穫風景が見られます。

秋の訪れ。

朝晩の冷え込みが厳しくなる9月下旬。

十勝岳の山頂には初雪が降りました。

山の頂に白い帽子をのせているようです。

深まる秋。

木々の紅葉が進んだ10月下旬。

日に日に秋の深まりを感じる季節です。

秋の終わる頃。

山々に振る雪が次第に里に近づいてくる晩秋の季節。

雪がちらつき、肌寒い日が続き、冬の足音がすぐそこまで近づいてきました。

初冬の頃。

そしてカラマツが全ての葉を落とす11月の末頃。

季節は冬へと変わります。

日が短くなり、午後四時頃には日が沈みます。

日没の頃、西日に照らされた十勝岳連峰の白い山肌が赤く染まる光景は、息を飲む美しさです。

青い空にたなびく雲。

白い雪に覆われた冬景色が広がります。

春の気配を感じる頃。

白い雪景色に大地の黒が混じり始める3月上旬。

畑には雪解けを進める融雪剤がまかれました。

季節が冬から春へと動き始めました。

移り行く季節の中で、いつも変わらず、堂々とそびえ立つ十勝岳連峰

その美しい姿は、この地で暮らす人々の、大切な心のよろどころです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です