vol.191.富良野雪解けの田園風景

1 3月、啓蟄を過ぎて暖かい日が増えた北海道富良野

富良野西岳を覆っていた雪も幾分少なくなったように感じます。

畑のビニールハウスの準備が進められています。

畑の融雪作業が行われ、白い雪が炭で黒くなっています。

2  辺り一面の玉ねぎ畑。白い雪で覆われた畑も間も無く農作業が始まります。

3 数日暖かい日が続くと、一気に雪解けが進みます。

秋まき小麦が顔を現しています。

畑も冬から春へと衣替え。

冬の終わりと春の訪れです。

4 今の気温は、プラス3℃。

日中がプラスの気温になる日が増えてきました。

太陽の日差しも力強く感じます。

5 日の当たる斜面からは、生命力溢れる緑色の笹の葉を見ることが出来ます。

富良野の街並みが白一色から大地の土の色が加わっています。

木々の枝先が赤茶色に色づき始めました。

富良野市街から麓郷へと向かう途中の八幡丘の辺り。

「春よ来いの木」と呼ばれているオウシユウトウヒの木

春を待ちわびているようです。

来週には、立春に入ります。

雪がチラつく日もありますが、確実に季節が進んでいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です