vol.190.上富良野産小麦はるゆたかでワッフルを

美しい田園風景が楽しめる北海道富良野。

豊かな実りをもたらす田畑が広がっています。

秋には黄金色に輝く小麦畑。

富良野では小麦も多く生産されています。

今日は上富良野、興農社(こうのうしゃ)の小麦、「はるゆたか」を使って、ワッフルを作ります。

生産量が少ないことから幻の小麦とも言われる、「はるゆたか」100%の強力粉を使います。

小麦の美味しさを楽しめるワッフルが出来そうで、楽しみです。

上富良野産小麦、はるゆたか、に加えて、

北海道産てんさい糖。

北海道よつ葉バター。

北海道の美味しい食材を使ったぜいたくなワッフルを作ります。

全ての材料を量ります。

今日はドライイーストを使い、ベルギーワッフル風に。

最初に小麦粉をふるいます。

よくといた卵を

ふるった小麦粉に混ぜ合わせます。

はちみつやバターなどの他の材料も少しずつ加え、

混ぜ合わせてひとかたまりに。

美味しい素材が一つになりました。

台の上で、生地をこねていきます。

バターの良い香りがしてきました。

美味しいものが出来上がる期待に、胸が弾みます。

10分ほどよくこねます。

生地がなめらかになってきました。

ボールに戻し、ラップをかけ、30℃くらいの暖かい所で30分ほど発酵させます。

素材同志がゆっくりと混じり合う大切な時間です。

30分経った発酵後の生地の表面はつるんと柔らかく、なめらか。

良い生地に仕上がりました。

生地を小さく切り分けて、

丸めていきます。

柔らかく弾力のある生地の感触が気持ちよいです。

美味しくなりますように、と気持ちを込めて、やさしく丸めます。

さらに焼く前に生地を10分ほど休ませます。

良く温めたワッフルメーカーに生地を置き、

3~4分焼いていきます。

生地の焼ける香ばしい香りが立ち込めてきます。

こんがりきつね色。美味しそうに焼きあがりました。

表面にもきれいな焼き色がついています。

美味しそうなワッフルの完成。香ばしいバターの匂いが食欲をそそります。

あたたかいうちにいただきます。

外はカリカリ、中はしっとりモチモチ。

食べ応えのある美味しいワッフルです。

今日は北海道の美味しい食材をつかって、ワッフルを作りました。

美味しいものが幸せなひと時をもたらしてくれました。

今日ご紹介した上富良野の興農社の小麦、はるゆたかは、興農社のネットショップ(CAMIFLAG SHOP: https://www.camiflag.jp/ )の他、富良野市内の人気観光スポット「フラノマルシェ」でも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です