vol.177.冬の朝の宝石箱*ダイヤモンドダスト・サンピラー

1月中旬。

間もなく一年で最も寒さ厳しい時期とされる「大寒」を迎える北海道富良野。

厳しい寒さの冬の朝。

時刻は7時20分。

十勝岳連峰から朝日が昇ってきました。

雲一つない快晴の空。

今日一日の始まりです。

少し日が高くなってきました。

太陽の光を浴びてキラキラと輝く、ダイヤモンドダストが現れました。

ダイヤモンドダストとは、大気中の水蒸気が凍ってできた、小さな氷の結晶です。良く晴れた、寒さ厳しい冬の朝に出会える、大自然からの贈り物。

太陽の光に照らされて、ダイヤモンドのようにキラキラと輝いています。

数日後の朝。

今日も雲一つない快晴です。

十勝岳連峰の山際から朝日が昇ってきました。

良いお天気に恵まれた今朝の気温は、マイナス18℃。

厳しい冷え込みの朝です。

オレンジ色に輝く太陽の光から真っすぐに、光の柱が伸びています。

ダイヤモンドダストに太陽の光が差し込み、光の柱のようです。

これは、サンピラーと呼ばれる現象です。

輝く光の向こうには、道路を走る車や立ち並ぶ農業用ハウスが見えます。

日常の見慣れた風景に輝く神々しい光。

私たちの生活のすぐそばに、大自然からの美しい贈り物があると気づけた喜び。

寒さの厳しい特別の日にだけ出会える自然の宝石箱。

そんな、とても価値ある瞬間を体験できた感動で、胸がいっぱいになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です