vol.174.富良野の冬*1月上旬のファーム富田

冬の寒さが一層厳しくなった1月上旬。

北海道中富良野町にある、ファーム富田を訪ねました。

夏のラベンダー畑で有名なファーム富田。

今年は冬季も営業されています。

一面紫の絨毯に覆われていたラベンダー畑も

真っ白い雪に覆われています。

今年は例年に比べて雪が少なく、ラベンダー畑の畝の形がまだうっすらと見えています。

今朝はマイナス14℃まで気温が下がりました。

冷え込みは厳しくなりましたが、美しい冬の青空が広がり、十勝岳連峰も綺麗に見えています。

冷たくピンと張りつめた空気の中、園内を歩いてみました。

園内にはファーム富田のフラワーマスコット、「ラベさん」の雪像や

雪だるま、

大きなカマクラ作りも進んでいて、冬ならではの雰囲気を楽しめます。

真冬でもラベンダーの花を見ることが出来る、温室のグリーンハウス。

外の凍てつく寒さから、温室の中に入ると、ふわっと優しい空気に包まれます。

ホッとした心地にになります。

暖かな温室の中で、ラベンダーやゼラニウムがかわいい花を咲かせていました。

真っ白い雪に覆われた冬に、久しぶりに花々の鮮やかな色に囲まれるひと時。

なんだか気持ちも明るくなりました。

カフェやショップでの買い物を楽しめる花人の舎(はなびとのいえ)に立ち寄りました。

店内には、ファーム富田オリジナルのラベンダー商品のショップや

ラベンダーソフトクリーム、北海道産男爵イモを使ったコロッケなどをいただける、

カフェスペースもあります。

ショップの奥にある廊下を抜けると、

ドライフラワーアレンジメントの展示スペース、「ドライフラワーの舎(いえ)」があります。

ピンクやフレッシュな緑色が華やかなアレンジメントは、北海道の春を表現しているそうです。

一足早く、春を感じる、色鮮やかな美しい空間です。

今日は中富良野町のファーム富田で、冬景色を楽しみ、色鮮やかな花の色に元気をもらう、ひと時を過ごせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です