vol.173.富良野・快晴の冬の1日

1朝からとても良いお天気に恵まれた北海道富良野。

今年は1月6日から小寒に入りました。

今朝の最低気温はマイナス12℃。

富良野の冬はこれからが本番です。

晴れた日の美しさは、寒さとセットで訪れます。

十勝岳連峰は雲がかかり、その上に山の頂がわずかに見えています。

青空を背景にした山並みは、いつ見ても美しく、清々しい気持ちになります。

2 JR富良野駅から車で15分程の距離にある新富良野プリンスホテル。

ホテル敷地内のスキー場は、賑いを見せています。

澄み渡る青空の下でパウダースノーを堪能出来る、最高のスキー日和です。

青空の元、スキー場から景色を眺めるだけでも、とても気持ちが良いです。

3 遠くの芦別岳も綺麗に見えています。

白い雪原は、玉ねぎ畑。すっかり雪に覆われています。

雪の上に玉ねぎの皮が落ちていました。

富良野のおいし玉ねぎが育つ大地も、雪の下でゆっくり春を待ちます。

周りの山々に囲まれた玉ねぎ畑の白い雪が太陽の光で輝いています。

4 陽が落ちてきました。冬至から半月程が過ぎ、幾分日が長くなったように感じます。

春に近づく嬉しい証です。

東の空には、間もなく満月を迎える月が見え始めました。

十勝岳連峰が夕暮れ色に染まる雲に覆われています。

今日は富良野の青く澄み渡る空の元、山並みや大地の輝きから、黄昏時の暮れなずむ街並みまで、冬の美しい景色を楽しめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です