vol.157.富良野 秋から冬へ雪化粧

11月上旬。

北海道富良野の街が白く彩られました。

暦の上で、今年は11月8日から立冬に入りました。

木枯しが吹き始め、冬の気配が感じられる頃。

まさに富良野は、寒さがが強まり雪も降り始め、冬の到来です。

2 .11月に入りすっかり寒くなった北海道富良野。

富良野西岳も山肌が白くなり、カラマツの葉が黄金色に変わっています。

秋の終わりと冬の始まり。

移りゆく季節を感じます。

3富良野市街から車で5分程の清水山に向かう途中。

つつじも冬支度が終わっています。

ラベンダー畑の周りをカラマツ林の紅葉が彩っています。

秋の終わりの色彩です。

4 一晩で白い雪景色に変わりました。

畑も白く彩られています。

5富良野市街から6キロ程の距離にある鳥沼公園もすっかり雪景色です。

数週間前紅葉で賑わっていた公園の木々が、すっかり落葉し、雪景色に変わっています。

6木の根本が鮮やかな黄色で覆われています。

雪の重みで一気に葉が落ちたのでしょうか。

鮮やかな黄色が雪景色の中でそこだけ秋の彩りです。

7 美しい紅葉で彩られていた朝日ヶ丘公園も冬の景色です。

イチョウの黄色の葉が、風で落ちていきます。

冬の始まりと秋の終わり。

これから長い富良野の冬が始まります。

白い雪に覆われ、厳しい寒さの中に凛とした美しさを感じさせてくれるこれからの季節。

冬の美しい景色との出会いが、また楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

vol.156.晩秋の北星山