vol.158.晩秋の日の出公園

冬の足音が山から里に近づいてきている、11月中旬。

おだやかな陽気に誘われて、北海道上富良野町の日の出公園を訪れました。

公園の中には、広大なラベンダー園があり、

初夏の頃には紫色の絨毯を敷き詰めたような光景が広がります。

そんなラベンダー園も、秋の終わりの風景に変わっていました。

ラベンダー畑の向こうには、晩秋の田園風景が広がっています。

ラベンダー畑を抜け、展望台まで登っていきます。

上富良野町民自慢の景色、「かみふらの八景」のひとつでもある、日の出公園。

上富良野町の町並みや

田園風景、

遠くには、富良野西岳や芦別岳、

そして、十勝岳連峰の雄大な山々を見渡すことができます。

ベンチに座り、深まる秋の景色を眺めます。

白い雪に覆われた十勝岳連峰。茶色に色づいたカラマツ。

若い緑色は、秋にまかれた小麦の畑でしょうか。

今日は、まるで春のように、過ごしやすい陽気です。

晩秋から初冬にかけて、今日のように穏やかであたたかな日を、小春日和というそうです。

冬へと進む季節の中で感じる、小さな春。

そして、秋の名残。

移り変わる季節を肌で感じられ、心が弾みました。

今日は十勝岳連峰の山並みが近くに感じられます。

これは天候が崩れる前ぶれでもあります。

明日の朝は一面、雪景色に変わっているかもしれません。

今年の秋の見納め。過ぎ行く秋をいとおしむ気持ちで、しばし景色を眺めていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です