vol.156.晩秋の北星山

十勝岳連峰に初雪の積もった9月中旬。

黄金色の田んぼが輝いていました。

それから一月半が経ちました。

間もなく立冬を迎える、11月上旬。

北海道中富良野町にある北星山から十勝岳連峰を望みます。

深まる秋の色が広がっています。

山々を覆う白い雪が、どんどん麓に近づいてきています。

山頂には、鉛色の雲がかかっています。

山の上は、きっと雪が降っているでしょう。

南側、富良野市の方向を見ると、遠く芦別岳にも雪が積もっているのが見えます。

深い黄色に色づいた北星山のカラマツに、秋の終わりを感じます。

カラマツなどの木々が生い茂る遊歩道を歩いてみました。

深い黄色に色づくカラマツ林。

地面には散り落ちた葉が敷き詰められています。

柔らかい、ふかふかの絨毯の上を歩いてるようです。

静かな林に冷たい風がふくたびに、カラマツの葉がはらはらと舞い落ちてきます。

富良野では、カラマツが全ての葉を落とす頃、根雪になると言われ、本格的な冬に入ります。

しばらく歩くと、木の上に、エゾリスの姿を見つけました。

よく見ると、耳の周りの毛がフサフサとした冬毛に変わっています。

エゾリスもしっかりと冬の準備を進めているようです。

晩秋の北星山。

山々の木々やエゾリス達が、冬がすぐそこまで来ていることを教えてくれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です