vol.144.新富良野プリンスホテル ロープウェーから

朝晩の冷え込みが厳しくなり、すっかり秋が深まった北海道富良野。

一年を二十四の季節に分けた二十四節気で、今年は10月8日が寒露です。

寒露とは、草木に冷たい露が降りる頃という意味だそうです。

長雨も終わり、秋深まる季節。

稲刈りも終わり、美しい紅葉を楽しめます。

色とりどりの山の紅葉を眺めに出かけました。

JR富良野駅から車で15分程の距離にある、新富良野プリンスホテル。

豊かな自然に囲まれ、ニングルテラスや

風のガーデン、スキー場など、人気の観光スポットでもあります。

木々の紅葉が美しいです。

スキー場のロープウェーがスキーシーズン以外は観光用に運行しています。

山の上からの景色を楽しみにロープウェーに乗ってみました。

100人乗りのロープウェーは、20分おきに、運行されていました。

広いスペースのロープウェーですが、スキーシーズンは人でいっぱいになるそうです。

紅葉の進んだ山の景色が広がっています。

振り返ると、十勝岳連峰の雄大な姿も見えます。

7分ほどでロープウェー山頂に到着です。

標高900mの山頂からは、富良野市街や十勝岳連峰が、はっきりと見えています。

今日は10月にしては暖かい日ですが、山頂の外の空気はとても冷たく感じます。

残念ながら、山頂周辺の紅葉は、もう終わりのようですが、遠くに広がる雄大な景色は、本当に美しい眺めです。

美しい景観と秋を実感させる少し冷たい風は、背筋が伸びる心地よい感覚です。

もう間もなくスキーシーズンです。

ここ新富良野プリンスホテルのスキー場は、例年11月下旬にオープンしています。

白い雪に覆われた富良野や山々の景色もとても美しいです。

ロープウェーに乗って下山します。

途中の中間あたりで、上りのロープウェーとすれ違いました。

遠くにホテルの建物が見えてきました。

富良野盆地の広がりを眺める小旅行ができました。

スキーシーズンの雪に覆われた景色もまた楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です