vol.143.富良野 秋の清水山

山が装う季節。紅葉の景色が広がる北海道富良野。

JR富良野駅から車で5分程の清水山周辺もすっかり秋の彩りです。

赤いレンガ造りのワイン工場の周りの木々も色づいています。

10月の初めになっても、綺麗な色を見せている紫陽花。

別名、七変化(しちへんげ)と呼ばれている、紫陽花がピンクや青の大きな花を咲かせています。

そのすぐ横には、ブドウの実。

秋と夏が両方混在しているようです。

ワイン工場からワインハウスへの遊歩道がある、ぶどうが丘公園。

遊歩道の道沿いも秋色です。

赤い花が咲いていると思って、近づいてみたら、カエデが、緑の葉の上に落ちて、

遠くから見ると、鮮やかな赤い花を咲かせているように見えていたのでした。

ワイン工場に向かう途中のふらのワイン橋近くから、

遠くに十勝岳連峰と空には飛行機雲が見えています。

稲刈りの終わった田んぼの黄金色と紅葉が緑色に映えて、秋らしい光景です。

カンパーナ六花亭のぶどう畑の近くを歩くと、甘いぶどうの香りに包まれます。

ぶどう畑では収穫作業が進んでいます。

六花亭店内のオープンスペースから望む景色は絶景です。

紅葉の進んだぶどう畑の背後に、頂きに白いものが見える、十勝岳連峰が厳然とそびえています。

美味しいぶどうが育つ恵まれた環境を感じます。

ふらのぶどう果汁工場の横を走る、奈江へ向かう道路を登っていくと、

牧歌的な景色が広がります。

ブドウ畑や小高い山と田畑。

のどかな田園風景に心が和みます。

ぶどうの葉や山に黄色い色が増えています。

富良野地方はこれから更に秋が深まり、山が装う風景をたっぷり楽しめそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です