vol.142.富良野市内紅葉スポット

木々が紅葉し、赤や黄色に葉が色づき、秋色に染まる北海道富良野。

周りの山々も鮮やかな色合いに染まっています。

9月下旬から10月上旬にかけて、富良野市内で見られる綺麗な紅葉や森の風景をご紹介します。

富良野市街から国道38号線を3キロ程滝川方面に向かうと、空知川に掛かる空知大橋から見えるなまこ山。

朝日ヶ丘公園内にある、なまこ山の3000本ほどのエゾヤマザクラの木が紅葉しています。

山が鮮やかな色合いになっています。

なまこ山に登っていきます。

赤や黄色の彩りが道沿いを華やかにしてくれています。

9月下旬にしては、暖かな日差しが注いでいます。

なまこ山にはオオウバユリが群生していました。

紅葉が進む木々の元、オオウバユリの種を飛ばす準備が進んでいます。

立ち枯れした実の中に、600個ほどの種が入っているそうです。

紅葉した木々が太陽の光で、いっそう綺麗な色を見せてくれます。

爽やかな風が通る森の散歩に、森の彩りが豊かな気持ちにしてくれます。

朝日ヶ丘公園内の桜も赤い花を咲かせているようです。

JR富良野駅から6キロ程の距離にある、鳥沼公園。

大きな木々もすっかり色が変わっています。

公園内の紅葉と合わせて、沼の水面に映し出される風景も絶景です。

黄色や緑に赤が加わり、鮮やかな彩りを見せてくれています。

足元にも、赤や黄色、茶色の落ち葉が敷き詰められています。

日没が日に日に早まっています。

西日のオレンジ色の光を浴びた紅葉も、黄昏時に相応しい落ち着いた色合いを見せてくれています。

富良野市街から国道38号線を通って、三笠方面に向かう途中の景色も、色とりどりの色合いを楽しむことが出来ます。

車窓からの景色を楽しみながら、15分程行くと、ハイランドふらのに着きます。

ハイランドふらの内のラベンダーの森も、すっかり秋色です。

ラベンダー畑の周りも秋の装いです。

桜の見事なまでの赤い葉、

ミズナラの黄色や茶色に色づいた葉、

間もなく、硬い殻から実が顔を出しそうな栗。

ゆっくり散策していると、小さな発見に出会えます。

高くなった青い空と美しい紅葉。

富良野の美しい紅葉の短い秋、もう少し楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です