vol.141.富良野・風のガーデン 秋

秋分の日を過ぎて、木々が赤や黄色に色づいている、北海道富良野。

田んぼの稲刈りも終わっています。

道端には、秋の花、イヌサフランが咲いています。

今日は、秋の花と紅葉を楽しみに、プリンスホテルの風のガーデンを訪れました。

周りの木々が黄色く色づいています。

受付でチケットを購入して、

ガーデンまで車で移動します。

10月上旬にしては、暖かい陽気で、心地よい風を感じます。

車に乗って、3分程で到着です。

顔の黒い未、サホークがお出迎え。

木々が紅葉して、赤や黄色に色づいています。

ぶどうの葉のアーチも秋色です。

秋が深まっていますが、たくさんの花が咲いています。

ピンク色の蕾のような花を咲かせるケローネ。

その横には、紫色のエゾ菊もたくさん咲いています。

一角がエゾ菊の小さな花畑のようです。

小さな葉に朝露が輝いています。

葉の中央にダイヤモンドがのっているようです。

倉本聰氏のドラマ、「風のガーデン」の中でも、印象深い白い建物、グリーンハウス。

周りの景色も秋らしい色合いです。

小高い展望台からの風景も木々の紅葉がとても綺麗です。

展望台の横にカツラの木がありました。

甘い香りがしていたのは、カツラの木のようです。

カツラの木はハート形の葉が黄葉すると、甘いキャラメルのような香りがします。

景色からも香りからも秋を感じます。

メインガーデンを下っていくと、バラの庭があります。

今は、ローズヒップ、バラの実がたくさんなっているようです。

バラの庭の入り口を入ると、赤い実と

バラや

シュウメイギクなどの赤やピンク、白い色が鮮やかです。

ゲラニウム、日本名ではフクロウ草。

沢山のハナバチが、飛び交い勤勉に仕事をしています。

鮮やかなピンク色や

淡いピンク色など、たくさんの種類のバラを見ることができました。

気品高く麗しい美しいバラを眺めながら、ベンチで一休み。

ここでも心地よい風を感じます。

綺麗に手入れされたガーデンは、気持ちの良い空間が作られています。

深ま秋を感じながら、美しい花々と心地よい風に、癒され、たくさんのパワーをもらえました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です