vol.138.富良野 秋の麓郷の景色

朝晩の気温が一桁まで下がる日が続いている北海道富良野。

紅葉も日に日に進み、秋が深まっています。

爽やかなお天気のもと、秋の景色を楽しみに麓郷方面へと向かいます。

道道253号線を通って、八幡丘を抜けていきます。

山の色合いが黄緑の優しい色に変わっています。

黄緑色に輝く草原には大きな雲がかかっています。

周りの木々の葉が赤く色づいています。

空も植物もすっかり秋の装いです。

富良野市街から20キロ程の距離にあるジャム園や

アンパンマンショップの周りの木々も紅葉が進んでいます。

アンパンマンショップから2キロ程登った展望台は、青空が広がっていました。

色鮮やかなサルビアやマリーゴールドなどが咲いています。

展望台で遅咲きのラベンダーの姿を見つけました。

もうすっかりラベンダーの季節は終わっているので、うれしい出会いです。

森の紅葉が進む中で、花畑は彩り豊かです。

ハマナスの花は終わっていますが、色鮮やかな赤い実を付けています。

ローズヒップと呼ばれている、この実は。食べることが出来て、栄養も豊富だそうです。

ジャム園では、ハマナスのジャムも販売されています。

麓郷の展望台では、鮮やかな花の色と、森の秋が両方楽しめます。

展望台から麓郷市街に戻ると、手打ちそばののぼりや看板がありました。

店先には、野菜や果物も販売されています。

看板にもあった落葉山菜そばをいただこうと思います。

今の季節限定、美味しい落葉と山菜がたっぷり入っています。

富良野産のそば粉が使われた、腰のある美味しい蕎麦。

昔ながらの懐かしい雰囲気の中で、ゆっくりと美味しくいただきました。

帰りは日が暮れ始めました。

西日に照らされる景色もきれいに輝いています。

麓郷で、深まっていく秋をたっぷりと楽しみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です