vol.109.十勝岳連峰 夏の高山植物

北海道のほぼ中央に位置している、十勝岳連峰の富良野岳は、『花の百名山』に選定される、高山植物が豊富な山です。

8月初旬。

今日は十勝岳温泉の登山口から、上富良野岳までの登山道で出会えた高山植物をご紹介します。

この日、登山道沿いをにぎやかに彩っていたのは、ミヤマアキノキリンソウです。

黄色い花が夏の太陽に照らされて輝いています。

アカモノは花が終わり、小さな赤い実をつけていました。

エゾオヤマノリンドウは、大きな蕾を膨らませています。

安政火口との分岐を過ぎると、花の種類も増えてきました。

イワブクロ、

ゴゼンタチバナ

雌しべの先がくるりと曲がった、ミヤマホツツジ、

エゾヒメクワガタ、

ミヤマリンドウ

シラネニンジン

ハイオトギリなど、たくさんの高山植物に出会えました。

富良野岳と上ホロカメットク山の分岐を過ぎ、さらに登っていくと、

エゾノマルバシモツケや

ヨツバシオガマが花盛りです。

そこで、とても神秘的な光景が目に飛び込んできました。

花が終わったチングルマの綿毛が、さらさらと風に揺れています。

日の光に照らされた綿毛が輝きながら風に揺れる光景は、まるで絵本の世界のようです。

毛の多い長い葉をウサギの耳に見立てた、ウサギギクや

美しい紫色のイワギキョウにも出会えました。

さらに標高が高くなると、

アオノツガザクラ

エゾノツガザクラが可憐な花を咲かせていました。

上富良野岳山頂へ最後の登りに入る手前に広がる、窪んだ谷状の斜面には、

可憐な高山植物の花畑が広がっていました。

標高が高いので、梅の花に似たチングルマの花も咲いています。

チングルマやエゾノツガザクラ、アオノツガザクラ、

イワヒゲなどが可憐な花を咲かせていました。

これらの花々は、標高が高く、雪が遅くまで残る地形に生える高山植物です。

一見、植物が育つには過酷すぎる状況に思える中で、花を咲かせる姿は気高く、たくましく、美しいです。

自分の置かれた場所で、自分の花を咲かせる植物たち。

高山植物のひたむきな姿に、たくさんんの元気をもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です