vol.98.新富良野プリンスホテル 風のガーデン

7月半ばとなり、青い空のもと、田畑や山々の緑、

ラベンダーの紫色。

豊かな自然に恵まれた富良野の景色が美しく彩られています。

道端にも、コスモスやアジサイなどが咲き始めています。

今日は、季節の花を眺めに、新富良野プリンスホテル敷地内の「風のガーデン」を散策してみたいと思います。

JR富良野駅から、バスで15分程の距離にある、

新富良野プリンスホテル。

今の季節は、パークゴルフやアスレチックなども楽しめます。

ニングルテラスやドラマ館の建物の横にある、風のガーデンの受付入口。

今は、どんな花が咲いているのか、楽しみです。

受付でチケットを購入して、3分ほどマイクロバスに揺られて、ガーデンへと向かいます。

元々は、ゴルフ場だった場所に作られた風のガーデンは、2008年放映の倉本聰氏の同名ドラマ「風のガーデン」の撮影に使われた場所です。

ドラマの世界観が今も再現され続けています。

ガーデンに到着しました。

ウッドチップが敷き詰められた道をゆっくりと歩いていきます。

木の良い香りがしています。

緑のアーチの先のメインガーデンには、たくさんの花が咲き誇っています。

450種類以上の花が季節ごとに移り咲いているそうです。

カンパニュラの静かな佇まい。

エゾミソハギの堂々とした存在感。

ヴァーバスカムの清楚な花。

それぞれの美しい佇まいで咲いています。

少し小高い場所の見晴台から、花々を見渡すことが出来ます。

仄かな香りと爽やかな風を感じます。

たくさんの種類の花が織りなす美しい風景です。

メインガーデンから道を下っていくと、バラの庭があります。

今は、50種類近くのバラが咲いているそうです。

綺麗に手入れされたバラがとても美しく咲き誇り、甘い香りに包まれ、ゆったりとした気持ちになります。

バラ以外の花も植えられ、優しい雰囲気のバラの庭です。

帰りもバスで戻ることも出来ますが、20分程の道を歩いて戻ることにします。

帰り道にも季節の花を楽しめる花畑が彩りを添えてくれています。

かぼちゃのアーチもありました。

小さなかぼちゃがたくさん、実を付けています。

たくさんの季節の花を愛でながら、大自然と爽やかな風を感じながら、ゆっくりと歩いて戻ります。

美しい花々、甘い香り、爽やかに通り過ぎる風。

とても気持ちの良い時間を過ごすことが出来て、たくさんの花からパワーをもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です