vol.87.富良野ラベンダー・ラベンダーイースト

北海道富良野の夏を彩るラベンダー。

7月に入り、たくさんのラベンダーを街角で見かけるようになりました。

美しいラベンダー畑で有名な、北海道中富良野町のファーム富田でも、綺麗な紫色の世界が広がっています。

中富良野町のファーム富田から東へ4キロほど行くと、上富良野町の田園地帯に、日本最大級のラベンダー畑、「ラベンダーイースト」があります。

「ラベンダーイースト」は、ファーム富田のラベンダーオイル生産のために作られたラベンダー畑です。

その数は、約9万株のラベンダーが栽培されているそうです。

ぐるっと四方に、ラベンダー畑が広がっています。

この場所は水が豊富な土地で、40年ほど前までは川が流れていたそうです。

園内中央には、3基の井戸があり、地下の水脈からくみ上げた天然水を楽しめます。

広大なラベンダー畑の中を、「ラベンダーバス」がゆっくりと周遊しています。

広い畑をラベンダーバスに乗って、見学することも出来ます。

約15~20分の間、ラベンダーの香りに包まれながら、美しい景色を楽しめます。

周囲を見渡せる展望デッキに登って、園内を眺めてみます。

広い敷地に紫色のラベンダー畑が広がっています。

種類の異なるラベンダーが栽培されているため、紫色のグラデーションが楽しめます。

濃い紫色は、濃紫早咲ラベンダーです。

淡い小さな花を咲かせています。

花の蜜を集めて、ハナバチが花から花へ、忙しそうに飛び交っています。

風に揺れるラベンダーから、良い香りがしてきます。

淡い紫色のラベンダーは、オカムラサキです。

香りが良く、ポプリやオイルなどに用いられている、オカムラサキ。

もう間もなく、見ごろを迎えます。

あいにくこの日は雲に覆われていましたが、展望台からは、十勝岳連峰の山並みや、芦別岳など夕張山地の山並みを望むことができるそうです。

そよ風を感じながら、広々とした景色をゆっくり眺めていると、心にも爽やかな風が吹いてくるようです。

ファーム富田のオリジナル商品や、ソフトクリームなどが販売されている、「ラワーレの舎」

テラスでは、ラベンダーを眺めながら、心地よい時間を過ごしている観光客の方の姿もありました。

ラベンダーイーストのラベンダーは、ラベンダーオイル生産のため、7月下旬頃には刈り取られます。

一か月限定のラベンダー畑。見ごろは7月の中旬頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です