vol.88.富良野の美味しい旬をいただく

夏至を過ぎ、7月に入りました。

暦の上では、間もなく二十四節気の小暑に入ります。

今年は七夕の7月7日から小暑です。

小暑とは、梅雨明けが近づき、暑さが本格的になる頃という意味だそうです。

本州はまだ、梅雨が続いているようですが、北海道もここ数日、曇り空のどんよりとした天気が続いています。

そんな中でも、早咲きのラベンダーが見ごろを迎えている北海道富良野。

紫色の美しい色彩が街の至る所で目にするようになりました。

ラベンダーが咲くころ、富良野の作物も実り始めます。

富良野の夏の楽しみの一つに、富良野メロンがあげられます。

富良野市山部には、メロン農家が国道沿いにたくさんの直売所を構えています。

多くのお店にのぼりが立ち、メロンの販売が始まっているようです。

トウモロコシも、いただけるようです。

北海道では、トウモロコシはとうきびと呼ばれています。

朝採れた新鮮なとうきびを茹でた、ゆでとうきびが売られています。

たくさんの直売所があり、どこに入るか迷ってしまいます。

ひときわ目を引く、黄色い看板と車。

こちらでメロンととうきびを購入しようと思います。

たくさんのスイカやメロンに今朝採れたての野菜もあります。

夏の大地の恵みを購入することが出来ます。

メロンのスムージーやカットメロンも購入できるそうです。

青肉メロンとトウモロコシ、とても美味しそうなメロンのスムージーを購入します。

スムージーは、凍らせた赤肉と青肉のメロンのみで作られる、メロン100%のスムージーだそうです。

たっぷりのスムージーを綺麗な花畑を見ながらいただきます。

メロンの濃厚な甘みが口の中に広がります。

メロンのシャーベットをいただいているような感覚で、後味も喉ごしも爽やかです。

メロン100%のスムージー。綺麗な景色の中でいただくと、一層美味しさが増します。

自宅で、メロンととうきびをいただきます。

メロンは青肉のメルティ―。

完熟まで待っていただきます。

みずみずしくて、とても濃厚な甘さです。

赤肉のメロンとは、また違った味わいを楽しめます。

とうきびは、ピーターコーンとピュアホワイト。

ピュアホワイトは、生でも食べられるそうで、柔らかく、フルティーな味わいです。

富良野の夏の到来を味覚で実感しました。

大地の恵みをたっぷりと味わえる夏が、やって来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です