vol.85.富良野・美瑛ノロッコ号

富良野・美瑛ノロッコ号(ラベンダー畑駅にて)

暦の上では、夏至を過ぎ、間もなく7月に入ろうとしています。

初夏の風が爽やかに吹く、北海道富良野。

夏の富良野の風物詩の一つにトロッコ列車があります。

6月から9月にかけて運行されるノロッコ号です。

ノロッコは、「ノロノロ」と「トロッコ」を合わせて名付けられたそうです。

景色の良い場所を通過する際は、最高速度30キロまで速度を落としてゆっくり走行してくれます。

富良野盆地を走るノロッコ号

北海道第二の都市、旭川を10時に出発したノロッコ1号はお昼前に富良野駅に到着します。

その後、富良野、美瑛間を3往復し、夕方旭川へと戻っていきます。

富良野の田園風景の中を走るノロッコ号

ノロッコ号は、富良野や美瑛の美しい景色をゆっくりと眺めながら、列車の旅を楽しめます。

十勝岳連峰の山並み

雄大な十勝岳連峰の山並みを望み、

富良野の田園風景

緑豊かな田園風景の中をゆっくり、のんびり走ります。

列車の窓は大きく、開放的です

富良野から美瑛まで、美しい景色を楽しめるよう、ノロッコ号の座席は窓の方を向いて設置されています。

大きく開け放たれた窓からは、気持ちの良い風が通ります。

ラベンダー畑の近くを通り過ぎる際には、風に揺れるラベンダーから微かな甘い香りを感じられるかもしれません。

ラベンダー畑駅

ノロッコ号の運行される時期にのみ設置される、臨時の駅、「ラベンダー畑駅」

ここから、ラベンダーで有名なファーム富田へは、歩いてすぐです。

花畑を楽しみに訪れる観光客の方が多く利用されています。

ノロッコ号

夕方、4時半を過ぎました。

最終のノロッコ号がラベンダー畑駅にやって来ました。

ラベンダー畑駅に停車するノロッコ号

ファーム富田で花畑を楽しんだ、たくさんの方が列車の到着を待っていました。

多くの方々を乗せて、ノロッコ号の扉がゆっくりと閉まります。

富良野観光を楽しんだ方々と、たくさんの思い出を乗せて、ラベンダー畑駅からノロッコ号が出発しました。

ガタン、ガタン、ガタン。

リズムよく響く、列車の走る音が、ゆっくり遠ざかっていきます。

16時42分にラベンダー畑駅を出発したノロッコ6号は、上富良野駅や美瑛駅を経由して、約1時間後に旭川駅に到着します。

ノロッコ号の旅は、車で周る旅とは、また違った趣を楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です