vol.77.フラワーランドかみふらの ~花盛りのルピナス~

上富良野はラベンダー栽培発祥の地

 富良野地方で一番早くラベンダー栽培が始まった、北海道上富良野町。

昭和20年代当時は、香料用の作物として栽培されていたそうです。

現在は観賞用として、一面紫色のラベンダーが楽しめる日の出公園をはじめとする、花畑が町内に点在しています。

フラワーランドかみふらの

今日は、数ある美しい花畑の中から、ルピナスが見ごろを迎えた、「フラワーランドかみふらの」をご紹介します。

国道237号線を、フラワーランドかみふらのの大きな看板を目印に、北27号西道路へと入ります。

入り口を抜けると、広々とした花畑が広がります。

キンギョソウ

これから見ごろを迎えるキンギョソウや、薄い紫色のキャットミントなど。

綺麗に植えられた花々が迎えてくれます。

キャットミント

花畑の向こうには、上富良野町の街並みと田園風景、雲の隙間からは十勝岳連峰の裾野が見えます。

トラクターバスに乗って園内の見学もできます

広い園内は、お花畑をまわる遊覧者、トラクターバスに乗って、見学することも出来ます。

彩りが美しいルピナス

6月上旬のこの日、見ごろを迎えていたのは、ルピナスです。

花畑を見渡せる高台から、眺めてみます。

見渡す限りのルピナスの花畑は圧倒的です。

ルピナスは一つ一つの花に美しい色のグラデーションがあります。

白、紫、ピンクなど、色の違う花が幾重にも重なりあって彩りが広がります。

圧倒的な存在感で、独特なルピナスの世界をつくりだしています。

圧巻のルピナス花畑

ルピナスは、どんな土地でもたくましく育つと言われています。

そのたくましさ、生命力にあふれる活気が、花畑から伝わってくるようです。

広範囲に花畑が広がります

ルピナスの花を楽しみながら、花畑を歩きます。

ジャーマンアイリス

ルピナスの花畑の奥には、ジャーマンアイリスの花畑が広がっています。

ジャーマンアイリスも見ごろです

凛とした佇まいで、彩り鮮やかに花を咲かせています。

キカラシの花畑

辺り一面、黄色の世界が広がる、キカラシの花畑もありました。

お天気の良い日には、ここから十勝岳連峰を一望できます。

蕾を膨らませるラベンダー

7月頃に見ごろを迎えるラベンダー。

小さな蕾を膨らませていました。

間もなく、辺りを紫色に染めてくれることでしょう。

これからの季節、ラベンダーやコスモス、サルビアなどさまざまな種類の花が、見ごろを迎えます。

9月下旬頃までいろいろな花を楽しむことができます。

売店

売店では、北海道の様々なお土産や、園内で咲いている花の種も購入できます。

また、ラベンダーを使ったハガキづくりなどの手作り体験も楽しめます。

今日は力強く咲くルピナスと、美しい花畑に元気をもらえました。

圧巻のルピナス畑は、6月下旬頃まで見ることが出来るようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です