vol.20春を待つラベンダーの森~富良野市島ノ下ハイランド富良野にて~

富良野市島ノ下のハイランド富良野

富良野市街から車で15分程。

国道38号線を滝川、三笠方面に向かう途中に、ハイランド富良野があります。

ラベンダーの森という広大な敷地内に、ラベンダー畑や温泉宿泊施設、散歩コースのある森があり、自然を愛でて、温泉に入るという楽しみ方ができます。

散歩コースでは、春の桜、夏はラベンダー、秋に紅葉と、四季折々の森の変化を堪能できます。

ラベンダーの森案内図

2月末、厳しい寒さは緩んできましたが、まだ雪が深く残っているラベンダーの森。

スノーシュー

きょうは、スノーシューを履いて、森の中を歩いてみることにしました。

スノーシューとは、「西洋かんじき」とも呼ばれる、雪の上を歩くための道具です。初心者でも簡単に雪のハイキングを楽しめます。

雪深い森の様子

森の中は、真っ白い雪が積もっています。

どこからか、鳥の声が聞こえてきます。

少し硬くなった雪の上を、ゆっくりと進んでいきます。

動物の足跡がたくさん残っています

雪面にたくさんの足跡があります。大きいものは鹿で、小さいものはキツネでしょうか。

トドマツの林

トドマツが生い茂る林。

トドマツの林は、少し積雪が少ない感じがします。

葉っぱが傘の役割をしてくれているのでしょうか。

トドマツの幹の地衣類

幹に近づいてみると、繊細な切り絵細工のようなものが張り付いています。

地衣類(ちいるい)というそうです。

夏には気づかないもの、見えなかった森の一面を見ることが出来ます。

花芽を膨らませるコブシ

厳しい寒さをじっと耐えて、少しずつ春に向けて準備を始めている、そんな姿にも出会えました。

コブシが花芽を膨らませています。

今年の北海道は、二十四節気の雨水、2月19日を過ぎた頃から、暖かい日が増え、雪解けも進み始めました。

同時に、森の木々も春に向けた準備が進められていたようです。

鹿に皮を食べられたニセアカシア

ニセアカシアの若木の皮を、鹿が綺麗に食べたようです。

周りの雪面には、無数の鹿の足跡が残されていました。

鹿に食べられた跡

鹿にとって、エサの少ない冬場の木の皮は、ごちそうのようです。

カラマツとツルアジサイ

カラマツの幹には、ツルアジサイが巻き付いたまま、冬を越え、天然のドライフラワーになっていました。

雪面に落ちたツルアジサイ

雪面には、ドライフラワーになったツルアジサイの花があちこちに落ちていて、森の落とし物のようです。

たくさんのツルアジサイが落ちていました

スノーシューでの森林浴は、冬ならではの景色を楽しめました。

帰りは温泉に入って、心と体を温めたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です