vol.19白い霧に包まれた富良野

富良野川にかかるシャトーふらの橋

北海道のほぼ中央に位置する富良野市。

東側は十勝岳連峰、西側は夕張山地など、山に囲まれた盆地地形の富良野市は、朝方に霧が発生することがあります。

2月下旬の朝。

この日は、富良野盆地がすっぽりと白いベールで覆われたような朝でした。

富良野駅から2㎞ほどの距離にある、富良野川にかかるシャトーふらの橋。

ワイン工場に向かう道の途中にあります。

普段は、ここから清水山やワイン工場、ワインハウスなどが見えるのですが、今日は霧で全く見えません。

シャトーふらの橋から東側を望む

東側を眺めてみます。

いつもは、JR富良野線の鉄橋や立ち並ぶ家々の屋根が見えるのですが、今は富良野川沿いの木々の輪郭がうっすら見えるだけで、真っ白い霧に覆われています。

シャトーふらの橋から西側を望む

橋の西側に目をやると、数メートル先の川の流れは確認できますが、その先は真っ白です。

富良野川岸

シャトーふらの橋を渡り、富良野川の川岸に立って、眺めてみることにしました。

霧に包まれた富良野川

白いベールの上から太陽の光がやわらかく降り注ぎ、真っ白い霧氷に覆われた木々を優しく照らします。

霧がまるで生きてるかのように、刻一刻と姿を変えていくので、つい見入ってしまいます。

富良野川

やわらかい白い光が川沿いの景色を幻想的な景色に変えています。

白い景色に包まれていると、いったい自分がどこにいるのか分からなくなるような、不思議な気持ちになります。

富良野川

遠くで踏切の音、そして列車が近づいてくる音が聞こえてきます。

列車の走る音はどんどん大きくなり、やがて遠ざかっていきました。

音のする方に目を凝らしても、列車の走る様子は見えません。

富良野川

15分程経ちました。

霧が少しずつ晴れてきて、あたりの景色の輪郭が見えてきました。

先ほどまでは立ち込める霧で、鉄橋を渡る列車の姿も見えませんでしたが、

そう離れていないところにある鉄橋がうっすらと見えてきました。

シャトーふらの橋から東側を望む

徐々に川岸の白い木々やJR富良野線の鉄橋が先ほどより、くっきり見えてきました。

真っ白だった空にも、青空が増えてきました。

シャトーふらの橋から西側を望む

霧の上から山並みも顔を出し始めました。

霧が晴れ、あたりの景色がハッキリと見えてきました。

雲間から太陽の姿も見え隠れしています。

今日は白い霧に包まれた幻想的な景色の中で、自然の神秘を感じ、厳かな気持ちになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です