vol.21富良野の春の兆しと夕焼け空

膨らんだヤナギの芽

北海道、富良野の三月。

一年を二十四の季節に分けた二十四節気の啓蟄(けいちつ)が過ぎました。

地中に潜んでいた虫が地上に這い出てくるという意味の啓蟄。

富良野の大地も、厳しい寒さが緩み、雪解けも進んでいます。

植物も長い冬に耐えて、貯えたパワーを少しずつ開放しているようです。

ヤナギも芽吹き始めました。

融雪剤の散布が始まった富良野盆地

農家の方の融雪剤散布が始まり、一面真っ白だった田畑にも、黒いものが混じり始めました。

融雪剤は炭などの成分でできた黒い粉末で、これを田畑に散布し、太陽の熱を利用し雪をとかしていきます。

真っ白だった雪に黒いものが混じる光景は、富良野の春の訪れを告げる景色の一つです。

融雪剤の散布された田畑

白一色だった田畑の、本来の姿に変わる準備です。

雪の下でゆっくりと静かに春を待つ大地も動き始めます。

長い冬から春へと季節が移り変わっていきます。

富良野の夕日

夕方5時ころ。西の空に日が傾き始めました。

12月の冬至から啓蟄へと季節がかわり、すっかり日が長くなりました。

厚い雲に覆われた僅かな隙間から、オレンジ色の光が広がっています。

夕日

雲の切れ間から、太陽の姿が見えました。

山際が夕日の色に彩られていきます。

夕日

固くしまった雪面を夕日色に染めていきます。

空の青と雲のグレー、オレンジ色の光のコントラストの美しさに引き込まれます。

夕日

あたりの空も、雲も夕焼け色に染めていきます。

夕日

灯がともったような太陽が周囲を照らしています。

夕日

太陽の姿は山に隠れていきますが、オレンジ色の光は空に大きく広がっていきます。

夕日

空全体が夕日の染まっていきます。

夕暮れ

ゆっくりと西の空に日が落ちていきました。

空を彩る美しい芸術作品を見ることができました。

今日一日もありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です