vol.195.富良野 冬から春へ 大地の目覚め

3月も下旬になりました。

北海道のほぼ中心に位置する富良野。



夏には紫色の絨毯を敷きつめたようなラベンダー畑。

少し前には、一面の雪景色。

今は、一面の雪がとけて、雪の下で冬を越した

ラベンダーが姿を現しました。

ふきのとうを見つけました。

日当たりの良い場所にいくつも顔を出しています。

ぶどう畑の斜面の雪もすっかりなくなって、大地の土が見えます。

夕方4時半を過ぎました。

陽が長くなり、西陽が輝いています。

ぶどう畑での作業も始まっているようです。

十勝岳連峰の裾野に広がる豊かな大地。

雪がとけ、4カ月振りに、見ることが出来ました。

山際に陽が沈み始めます。

一面の雪景色が、

西陽に照らされる畑がうっすら緑色に。

大地が活動を始めています。

まだ氷に覆われている所や

雪が残る畑

すっかり雪がとけた田んぼ

季節の移り変わりが見られます。

夕陽で暮れなずむ十勝岳連峰の山々。

山を真っ白に覆った雪も少なくなりました。

冬から春へ。季節は確実に進んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です