vol.40富良野 春を告げるハクチョウ

4月上旬の北海道富良野市。

数週間前の、一面雪で覆われた景色と、大きく変わりました。

十勝岳連峰の頂は白く雪で覆われていますが、街並みは美しい田園風景へと様変わりです。

例年に比べ、雪がとけるのが早かった今年の富良野の田んぼには、北へ帰る旅人が多く訪れました。

それは、シベリアへ戻るハクチョウです。

大きく羽を広げて、旅の疲れを癒しているようです。

30羽以上はいるでしょうか。たくさんのハクチョウが、白い顔を真っ黒にしてエサをついばんでいます。

雪がとけた田んぼに残っていた稲穂をついばんでいるのでしょう。

エサを求めて畔を越え、田んぼを歩き回る姿を見かけました。

長旅に備えて、たっぷりと栄養を取らなくてはいけないのでしょう。

旅立ちの準備に余念がありません。

向こう田んぼからは、こちらに向かって飛んでくる一軍もあります。

眺めていると、2羽が寄り添うように羽をはばたかせて、空を飛んでいます。

ハクチョウの夫婦でしょうか。

着地のタイミングもピッタリです。

大きな羽を広げ、とても優雅な姿で着地しました。

夫婦の絆を大切にする鳥と言われる、ハクチョウ。

つがいになった相手と、生涯共に過ごすそうです。

夫婦での長旅を共に楽しんでいるように見え、あす。

本州で冬を過ごし、これから約2週間かけてシベリアに帰るハクチョウたち。

長旅に備え羽を休め、富良野の大地でたっぷりと英気を養います。

たくさんのハクチョウの姿を見た日から、2日後。

春本番の暖かさを迎えたこの日、田んぼには1羽のハクチョウの姿もありませんでした。

北に向かって、旅立っていったのでしょう。

また来年元気な姿を見せてくれることを願いながら、晴れ渡る北の空を見上げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です