vol.27.富良野の春の訪れ~大地の変化~

富良野市鳥沼公園

春分の日を数日後に控えた午後、澄んだ青空が広がりました。

雪解けも進んでいます。

富良野市街から北東方面、十勝岳連峰の方向へと車を走らせました。

3キロほど行ったところにある鳥沼公園に着きました。

富良野市鳥沼公園

数週間前までは、辺り一面雪に覆われていましたが、地面の土が顔を出しています。

富良野市鳥沼公園

今年は積雪も少なく2月末から暖かい日が多く続きました。

例年は、春分の日の頃は、まだ雪で覆われているという印象ですが、今年は雪解けが早く進んでいます。

苗を植えた田畑

公園の近郊の田畑も、色々な表情が見られます。

綺麗な直線状に、苗が植えられています。

何の苗でしょうか。

ビニールに守られながら、静かに暖かくなっていくのを待っているようです。

一足先に準備が進んでいます。

融雪剤を散布した畑

鳥沼公園から東9線と言われている道を旭川方面に少し車で走ります。

畑に積もった雪が、トラクターの跡の通りに黒くなっている畑があります。

これは炭などの成分でできた融雪剤を散布して、雪解けを早めているそうです。

真っ白だった畑の雪に黒いものが混じる光景は、春を感じさせてくれます。

富良野市から中富良野町へと移動しました。

車窓から見える景色は、畑によって全く違う表情をしています。

すっかり雪が解けて、一面緑色に変わっている畑もありました。

周囲には雪が残っていますが、しっかり大地が顔を出しています。

まだたくさん雪が残っている畑もあります。

肥沃な大地の土も見えますが、大半が雪で覆われています。

まさに冬から春へと移り変わろうとしていることを感じます。

五時になりました。

日が沈み始めたので、十勝岳連峰がうっすらピンク色に色づき始めました。

日が長くなったことを実感します。

西側を見ると、山の向こうへと日が沈み始めています。

あたりをオレンジ色の光に包んでいきます。

神々しい輝きを保ちながら、沈んでいきます。

黄昏の時の美しい空です。

東の方向では、十勝岳連峰がピンク色に染まっています。

同じ時に、オレンジ色の光を放つ太陽とピンク色に染まる十勝岳連峰。

どちらも自然が生み出す神秘的な光景です。

一日の時間の流れと季節の移り変わり。

空や大地が、教えてくれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です