vol.3 富良野雪のお散歩~冬の彩りを見つけに~

富良野は、周りの山々に包み込まれるように位置しています。

夏の盛りには30℃を超える暑さに、

真冬にはマイナス20℃を下回る寒さに見舞われます。

朝晩の気温差が10℃を超える日もあります。

そんな寒暖の差がたくさんの実りや豊かさをもたらしてくれます。

冬の豊かさには、上質なパウダースノーや、

冬にしか見られない美しい景色など。

厳しい冬だからこそ味わえる楽しみがたくさんあります。

今日は雪に覆われた真っ白い世界の中で見つけた

富良野の美しい彩りをご紹介します。

雪の華・中富良野町近郊

マイナス20℃近くまで冷え込んだ朝は、葉の落ちた木々に、真っ白い華を咲かせます。

ポプラの木・富良野市麓郷近郊

青く澄み渡った空に向かって、

真っすぐ伸びている木の姿に、清々しさを感じます。

厳しい寒さの日の空の青さは特別です。

ナナカマドの実・富良野市の街角

街を歩いているとよくみかけるナナカマドの実

白い雪の中では、赤い実がいっそう際立って美しく見えます。

雪に覆われる丘・中富良野町近郊

一面、ふわふわの真っ白い雪に覆われる富良野の冬。

そこでたくさんの美しい冬の彩りに出会えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です