vol.49.富良野市内観光スポット~富良野駅からチーズ工房、新富良野プリンスホテルまで~

ゴールデンウィークに入り、寒い日が続いていましたが、ようやく青空が晴れ渡り、初夏のようなお天気に恵まれた北海道富良野市。

道端の花が彩を添えています。

観光客の方がたくさん訪れ、街が活気にあふれています。

今日は、観光客の方が多く訪れる場所を、巡ってみたいと思います。

多くの方で賑わうフラノマルシェ

JR富良野駅から国道38号線に向かってまっすぐと伸びる五条通りを抜けていきます。

途中、美味しい食べ物からお土産までがそろう、

観光名所となったフラノマルシェ。

多くの方が暖かい日差しの中で、ゆっくりとくつろいだり、お店での買い物を楽しんでいるようです。

爽やかな青空のもとでいただくアイスクリームが美味しそうです。

空知川と田園風景

国道38号線を越えて、空知川にかかる五条大橋を越えていきます。

五条大橋の両端には、富良野市のトレードマーク「へそまる君」と

「ぶどうとワイン」の像が迎えてくれています。

畑では、トラクターで農作業が盛んにおこなわれています。

きれいに整地された畑と空の色。

とても美しい光景です。

緑に囲まれたチーズ工房

空知川にかかる五条大橋を越えて、2キロほど行くと、ふらのチーズ工房に着きます。

ゴールデンウィークということで、こちらにもたくさんの方々が訪れています。

白樺などの樹木の並木道。

高くそびえる白樺と澄み切った青い空に季節の変化を感じます。

ここでもエゾエンゴサクの花畑を見つけました。

水色や紫色の花が一面に広がっています。

ここにも春の妖精が訪れています。

見どころ満載の新富良野プリンスホテル

チーズ工房から車を5分程走らせ、新富良野プリンスホテルに向かいます。

ゴールデンウィーク中は、スキーを楽しめる一方、

もとは、ゴルフ場だった場所で、暖かい日差しを浴びながら、パークゴルフやアスレチック、風のガーデンの散策などを楽しむことも出来ます。

ニングルテラスの森は、静かに時が刻まれていくようです。

午後4時を過ぎて、黄昏時が近づいてきました。

ニングルテラスをさらに下っていくと、倉本聰氏脚本のドラマ「優しい時間」のロケ地となった喫茶店「森の時計」がひっそりと佇んでいます。

入口近くには、フクロウがお出迎えしてくれています。

時間がとまったような、静かで穏やかな空間です。

ホテルへと向かう道には夕日が輝いています。

富良野の大自然に抱かれているような感覚です。

ゆっくりとスキー場の山の向こうに日が沈んでいきます。

富良野の観光スポットで、あらためて豊かな自然を楽しむことが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です