vol.248☆2021.夏の富良野旅

w273
w261

2021年夏。

ラベンダーの季節を迎えた北海道富良野から、動画で楽しむ夏の富良野旅をお届けします。

旭川空港

w376

今回の旅のスタート地点は、旭川空港。

JR富良野駅までは約60kmの距離、車での所要時間は約1時間15分です。

w377

空港の玄関では、旭川市のシンボルキャラクター「あさっぴ―」がお出迎えしてくれています。

w378

国内線は、東京や名古屋、期間限定で大阪に運航しています。

w379
w380

2019年にフードコートやお土産店舗が新しく整備され、食事や買い物をゆっくりと楽しむことができます。

ここ旭川空港から富良野旅へ出発です。

上富良野町日の出ラベンダー園

w295

国道237号線を富良野方面に向かって、40分ほど車を走らせ、上富良野町日の出ラベンダー園に到着しました。

w294

満開のラベンダー。

風に揺られて、爽やかな、良い香りがしています。(動画)

w296

広い敷地に植えられているラベンダー畑。

w298

紫の絨毯が広がっているようです。

w297

ちょうど見ごろのラベンダー畑を楽しめました。

gelatrip(ジェラトリップ)

日の出ラベンダー園から5分程車を走らせた、国道237号線沿いにある、

大きな牛のオブジェが目印のジェラートのお店、「ジェラトリップ」に立ち寄りました。

「びえい牧場」でつくられたミルクを使用したジェラートやイチゴなど果物を使ったジェラートも味わえます。

暑い日に食べる冷たいジェラートの美味しさは格別でした。

中富良野町ファーム富田

w230

次に訪れたのは、夏の富良野旅一番の楽しみ、中富良野町のファーム富田。

w263

七色の花畑で有名な「彩りの畑」がちょうど見ごろを迎えています。

w264

色とりどりの花々。

美しい虹色の絨毯のようです。

w273

満開のラベンダーからは、良い香りがしています。

w282

夏の陽射しに照らされて輝く、白や

w280

黄色、

w277

赤のポピーも可愛らしい花を咲かせています。

w274

カスミソウも真っ白な小さな花を咲かせています。

w279

ビール大麦の黄緑色の穂先が、風に揺れています。

w320

ラベンダーの花から花へ、忙しそうに飛び交うハナバチ。

w309

羽を休めるトンボの姿もありました。

w261

爽やかな夏空

花々の彩り

笑顔になれる幸せな時間でした。

新富良野プリンスホテル

w334

富良野旅最後の目的地は新富良野プリンスホテル。

w335

ホテル敷地内のピクニックガーデンで、熱気球の係留フライトを楽しみます。

w336

3点のロープでつながれた気球に乗って、上空約40mの空の旅へ、出発です。

w338

上空からは、十勝岳連峰や富良野市内が一望できます

w337

茜色に色づいた夕暮れ空の色合い、がとても綺麗です。

w339

熱気球のバーナーからは、大きな音と共に、炎が勢いよく立ち昇ります。

間直でみると、とても迫力があります。

w339-1
w340

約5分の空の旅が終わり、

w341

ゆっくりと地上に戻ります。

w342

日の長い夏の北海道。

午後7時近い時間ですが、まだ夕方のような明るさで、長い一日を楽しめます。

w343

旅の最後は、新富良野プリンスホテルの目の前にあるニングルテラスへ。

ニングルとは、倉本聰氏の著書「ニングル」に登場する身長15㎝程の「森の知恵者」

w344

そんな妖精が住んでいそうな森の中のロッジで、ここでしか出会えないこだわりの手作り商品が販売されています。

灯の灯ったニングルテラスで、ホッとするようなぬくもりを感じる時間を過ごせました。

w345

今回は、夏の富良野を思い切り楽しむ一日、夏の富良野旅をお届けしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です