vol.212.富良野の夏景色 ラベンダーの咲く季節

ラベンダーの咲く景色

7月中旬。澄み渡る空と周りの山並みが美しい北海道富良野

ラベンダーの紫色が色濃くなり美しい夏の景色を楽しめる季節に入りました。

富良野市街から車で5分程の距離にある、清水山

のワイン工場。

敷地内のラベンダー畑では、紫色のラベンダーが花盛りです。

鮮やかな紫色が広がっています。

ラベンダー畑の斜面を上がっていくと、

更に広く一面紫色のラベンダー畑が広がっています。

斜面に紫色の絨毯が敷き詰められたような彩り

まさに富良野の夏の景色です。

緩やかな傾斜を登り展望台へと向かってみます。

斜面に広がるラベンダー畑と晴れ渡る空の織りなす美しい景色を楽しみながらゆっくり登ります。

展望台に到着です。鳥のさえずりやセミの声が背後に響いています。

眼下に広がる紫色と遠くに望む富良野の景色。 

東側には頂きを夏雲に覆われた十勝岳連峰や富良野市街の街並みが広がります。

西側には、富良野西岳や、芦別岳の雄姿を見ることが出来ます。

ラベンダーの花の蜜を運ぶハチの羽音か聞こえ

爽やかなラベンダーの香りが漂い

一面に広がる紫色と樹木の豊かな緑、そして澄み渡る空の青さ

富良野の美しい夏を実感出来ます。

森の景色

富良野市街から滝川方面へ向かい途中にある朝日ヶ丘公園なまこ山

ラベンダーの咲く季節と同じ時期、場所を変えると、また違った夏景色を楽しめます。

森の中は高くそびえる木々から守られるように日差しが遮られ、涼しい風が通ります。

白い花を幾つもつけるオオウバユリ

目を引くような派手さはありませんが、凛とした佇まいは、森の中で夏の訪れを知らせてくれているようです。

木々の緑も太陽の光を浴びて輝いています。


大きな葉をつけるホオの木を見つけました。

花が終わり、実をつけ始めています。

森の中にも夏景色が広がります。

日常の景色

富良野の夏景色は他にも、ぶどう畑の茂る葉や

清涼な川の流れ

大きな牧草ロールが点在する田園風景

作物が織りなす自然の彩りなど

生命力溢れる景色が広がります。

日没時。

夕焼けが夏景色をセピア色に染めています

7月中旬の富良野は、鮮やかなラベンダーの紫色、森の風景、作物の織りなす彩り、夕暮れ時のセピア色など、沢山の夏景色を楽しめます。

富良野の短い夏を、たっぷりと堪能したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です