vol.200.富良野のケーキ屋さん・Furano bijou・パティスリートロン・菓子司新谷

北海道のほぼ中心に位置する富良野では、小麦やお米、牛乳やチーズなどの乳製品、イチゴやメロンの果物など、

たくさんの美味しい食材が生産されています。

今日は、そんな美味しい食材をいかした、富良野のケーキ屋さんを3軒ご紹介します。

まず一軒目は、JR富良野駅から車で5分ほどの、

富良野市花園町にある、「furano bijou」フラノビジュー。

ケーキや、

クッキーなどの焼き菓子を中心に、

富良野産の食材を多く取り入れているお菓子屋さんです。

「bijou・ビジュー」とは、フランス語で「宝石」という意味。

その名の通り、店内はまるでお菓子の宝石箱のように、色とりどりのお菓子が販売されています。

シュークリームやプリンなどいくつかのお菓子を購入しました。

注文を受けてからたっぷりのカスタードクリームがつめられるシュークリーム。

香ばしくサクサクとしたシューの生地がクッキーのようで美味しいです。

とろけるような、なめらかさの「ビジュープリン」

濃厚な味わいの「ガトーショコラ」

見た目もパッケージもかわいい、美味しいケーキです。

厚切りで食べ応えのあるクッキーや

ハチミツたっぷりの焼きドーナツなど、焼き菓子の種類も豊富で富良野のお土産にも喜ばれそうです。

次にご紹介するのは、富良野市幸町にある、「ふらのパティスリートロン」

フラノマルシェから歩いてすぐの場所にあります。

「トロン」とは、フランス語で「樹木の幹」という意味。

地域の人々をホッと癒す樹木のような優しさで、地域の人たちを喜ばせたい、そんな願いが込められているそうです。

優しい日差しが差し込む店内には、富良野や北海道などの食材の持ち味を生かしたお菓子が、たくさん販売されています。

こちらでも、シュークリームやプリンなど、いくつかのお菓子を購入しました。

ふらの牛乳で作ったカスタードクリームがたっぷりと入った「とろんシュークリーム」

シュー生地もサクサクで絶品です。

人気NO1の「ふらの牛乳のとろんプリン」

ふらの牛乳をたっぷり使用した贅沢なプリンです。

北海道の食材を生かしたケーキもありました。

「苺のミルクレープ」

クレープ生地に北海道産の米粉が使用されています。

道産食材へのこだわりは焼き菓子にも。

こちらは、もなかの皮に、自家製粉の富良野産米粉と北海道産バターをたっぷり使用したクッキー生地を絞り、焼き上げた、「きのわ」

もなかの形が、店名のロゴに使用されている切り株をモチーフにした、ユニークな形をしています。

見た目も、素材も、富良野らしい「きのわ」は、富良野の土産におススメです。

最後にご紹介するのは、JR富良野駅から徒歩5分ほどの距離にある、菓子司新谷。

1914年創業の富良野の老舗のお菓子屋さんです。

牛乳やチーズ、野菜や果物など、富良野産の良質な素材を活かしたお菓子を作り続け、長きにわたり市民に親しまれています。

店内では昭和49年に発売された富良野を代表する銘菓、「へそのおまんぢう」や

富良野の雪どけの景色を思わせる「ふらの雪どけチーズケーキ」など、有名な富良野のお土産の他、

和菓子や

ケーキなどたくさんのお菓子が販売されています。

ちょうど「ふらのいちごフェア」が開催されていた今日は、

美味しい苺を使用したケーキなどを購入しました。

苺のムースを苺クリームで包んだ「苺モンブラン」

さわやかな後味です。

大きな苺がモチモチとした牛皮で包まれた、「もちもち苺」

中には特製のあんこと生クリームがたっぷりと入っています。

どちらも苺の美味しさがいかされた美味しいケーキです。

3日かけてつくるという手作りチーズケーキ、「ふらの雪どけチーズケーキ」は冷凍販売されているので、

お土産にもピッタリです。

≪**チーズケーキの写真は後ほど追加します**≫

濃厚なのにさっぱりとした味わい、富良野の美味しさが詰まったチーズケーキです。

ふらの牛乳やバター、チーズの風味が香るクッキーでホワイトチョコレートをサンドした、「しろのふらの」は、ここ富良野でしか販売されていない限定商品だそうです。

品揃え豊富な「新谷」では富良野のお土産からお饅頭、ケーキまでがそろいます。

今日は富良野の美味しいケーキ屋さんを3軒ご紹介しました。

美味しいもの、特に見た目も美しいケーキや

焼き菓子、

和菓子などは、家で過ごす時間に、喜びをもたらしてくれます。

今日も、そんな美味しい笑顔が広がっていることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です