vol.199.富良野 森の春便り

4月中旬。

二十四節気の穀雨に入りました。

穀雨とは、たくさんの穀物をうるおす春の雨が降る頃のこと。

北海道富良野では、降る雨が時折みぞれや雪に変わる、肌寒い日が続いています。

そんな中、富良野の森に、春を告げる妖精が舞い降りました。

富良野市街から車で5分ほどの場所にある、清水山。

清水山の斜面にはエゾエンゴサクの水色の花畑が広がっています。

エゾエンゴサクの周りに咲く、キバナノアマナの黄色や

フキノトウの若芽色が春らしい彩りを添えています。

JR富良野駅から車で10分程の場所にある、朝日ヶ丘公園なまこ山でも、春の息吹に出会いました。

水色のエゾエンゴサクやカタクリが可憐な花を咲かせています。

カタクリはツボミのものが多く、これから間もなく見頃となるでしょう。

福寿草の黄色い花も春を告げています。

大きな木々に囲まれて、日があまり当たらない場所で

たくさんの福寿草が、小さな花を咲かせていました。

可憐な花たちの姿を目にして、心に春の喜びが広がってきます。

立ち枯れした姿のまま、冬を越えた

オオウバユリを見つけました。

種が飛び散り、空っぽになった実が、透き通るような美しさで輝いて見えます。

つい足をとめて、見入ってしまう佇まいです。

足元には、オオウバユリの若葉が顔を出しています。

まるでバラのツボミのような美しい若葉。

緑色のみずみずしい葉を大きく広げています。

桜の芽も少し膨らんできたようです。

桜の季節ももうすぐそこ。

森の春の息吹に触れ、心和むひと時を過ごせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です