vol.197.富良野 清明の頃

 4月上旬。

暖かな日差しを感じる日が増えた北海道富良野

十勝岳連峰の山並みも、頂きの雪が溶けてきたようです

畑も肥沃な大地が広がっています。 

季節は、二十四節気の清明に入りました。

清明は、全ての物が清らかで明るい時期を意味します。生命力溢れる春の明るさと清らかさ。

青空に広がる雲もとても清々しく感じます。

 そんな春らしい日から一転

一気に冬へと逆戻りしたようです。

昨夜から降る雪で辺りは白く覆われました。

富良野の街並みも一夜で雪景色に

北海道では、まだ春と冬を行ったり来たりしているようです。

そんな雪景色の中に、可愛らしい春を見つけました。

エゾエンゴサクです。

時折雪がちらつく中、寒さを耐えているような可憐な姿です。

春を知らせる、可愛らしい水色の妖精。

先日迄の暖かさで、咲き始めたようです。

今日はあいにくの寒さですが、水色の絨毯が広がります。

 そんな雪景色も、春の暖かさで1日で雪も溶けてしまいます。

ブルーベリーも雪囲いが外されて、太陽の光を浴びています。

ハウスでも農作業が始まり、大地も植物も春の訪れと共に活動が始まります。

秋まき小麦も成長しています。 

冬の間、雪の下でゆっくりと生命力を蓄え、春の訪れと共に一気に成長のパワーに変える。

大地の営みは、私たちに大切な摂理を教えてくれているように感じます。

 トンボの姿がありました。

寒さに耐えて越冬したのでしょう。

冬から春へと移り変わる季節。

この春の訪れの価値と生命の力強さを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です