vol.179.真冬の日の出公園

1月下旬。

冬本番の寒さが続く北海道富良野。

良いお天気に恵まれた今日は、上富良野町の日の出公園に出かけました。

初夏の頃には、紫色のラベンダー畑が広がる日の出公園も、

真っ白い雪に覆われた冬景色です。

今日は、頂上にある展望台まで歩いて登ってみようと思います。

青い空に向かって白い雪の斜面を登っていきます。

この冬は、例年に比べて雪が少ないため、ラベンダー畑の畝の形がまだ見えています。

真っ白い雪面に、動物の足跡もありました。

白い雪原と青い空に囲まれて、とても清々しい気分です。

しばらく上っていくと、雪面の向こうに、

十勝岳連邦の白い頂が見えてきました。

30分ほど雪の中を歩いて、頂上に到着です。

この場所は上富良野町の美景スポット、「かみふらの八景」に選ばれています。

展望台からは、

白い雪におおわれたラベンダー畑

その向こうに広がる上富良野町の雪景色が見渡せます。

冬の間はスキー場として賑わっている南側の斜面。

その向こうには、上富良野町の街並みが広がっています。

遠くには、美しいシルエットの富良野西岳や芦別岳が見えています。

この場所から見上げる空は、広く開けて、吸い込まれるような迫力と美しさです。

今日の空には太陽の周りに丸い虹のような光の輪が見えています。

これは、太陽の周りに薄い雲がかかった時に現れる光の輪。

日暈(ひがさ・にちうん)と呼ばれる大気光学現象です。

青色から淡いピンクの真珠色まで、美しいグラデーションで彩られた冬の空。

そこに浮かぶ、大きな虹色の光の輪。

神秘的な美しさに包まれ、とても満たされた気持ちになりました。

今日は真冬の日の出公園で、美しい景色に心満たされる幸せなひと時を過ごせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です