vol167.富良野の冬を楽しむ*六花亭のクリスマスュトーレン

クリスマスまで2週間程となった、12月中旬。

富良野市清水山にある、カンパーナ六花亭を訪れました。

入り口に立つ大きな木には、赤いリボンの飾りつけがされていました。

緑の木と赤いリボン。

クリスマスの季節を感じる色合いです。

今年は冬の間も営業されているカンパーナ六花亭。

店内では、北海道のお土産として人気のある、美味しいお菓子の買い物が楽しめます。

また、シチュウや焼きたてのお餅など、軽食がいただける喫茶室も併設されていてます。

店内で販売されているケーキなどのスイーツを

店内でいただくこともできます。

大きなガラスの窓ごしに、富良野の景色を眺めながら、ゆっくりと過ごせます。

店内にはクリスマスの季節を感じるお菓子もありました。

シュトーレンやパネトーネ、クリスマスカラーにラッピングされたチョコレートなど。

たくさんのクリスマスのお菓子が並んでいて、見ているだけでワクワクした気持ちになります。

今日はシュトーレンを購入して帰りました。

シュトーレンは、ドイツ生まれの菓子パン。

ドイツでは、クリスマスを待つ間に、毎日少しずつスライスして食べていく習慣があるそうです。

表面にはたっぷりと砂糖がまぶされていて、白く積もった雪のようです。

切り分けて見ると、ふわっと甘い香りがしてきました。

六花亭のシュトーレンの生地には、レーズン、オレンジピール、アップル、レモンピールなどのフルーツの砂糖漬けが練り込まれています。

クリスマスを待つ間、時間をかけて食べていくシュトーレン。

日ごとにフルーツの風味がパン生地に移っていき、風味が増していくのも楽しみの一つです。

薄くスライスしたシュトーレンを珈琲と一緒にいただきます。

雪が降る寒い日、暖かい家の中で、ホッと出来るひと時です。

口の中に広がるフルーツの香り。甘い生地がホロホロっと口の中に溶けていきます。

毎日少しづつ食べながら、クリスマスを待ちます。

素敵な冬の過ごし方です。

クリスマスまで毎日のお茶の時間の楽しみがふえました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です