vol.165.初冬の朝*富良野鳥沼公園

12月初旬。

マイナス10℃を下回る冷え込みの厳しい朝。

富良野市の鳥沼公園を訪れました。

公園内には湧水の流れ出る美しい沼があります。

今朝のように冷え込みの厳しい朝には、水面に白い霧が、湯気のように立ちのぼっています。

ゆらゆらと現れては消えていく白い霧。

幻想的な光景です。

水辺には、たくさんの渡り鳥の姿もありました。

カモの群れが羽を休めています。

その中に2羽の白鳥の姿を見つけました。

ここで冬を越す白鳥のつがいでしょうか。

優雅な姿で水面を泳いでいました。

沼の周りの木々は霧氷に覆われ、まるで白い花を咲かせたように真っ白です。

ゆっくりと冬の朝の優しい日差しが差し込んできました。

真っ白な霧氷が光に照らされ、銀細工のような美しい輝きを放っていました。

気温はマイナス10度。凍てつくような寒さですが、

空気はとても澄んでいます。

凛とした心地よい緊張感の中に身を置いているような心地です。

澄んだ空気と冬の美しい光景に心洗われるような時間を過ごせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です