vol.161.秋から冬へ*11月の富良野

11月初旬。

北海道のほぼ中央に位置する中富良野町の北星山では、あたたかな黄色に色づいたカラマツが秋の終わりを告げています。

11月中頃。

色を深めたカラマツが茶色い葉を落としています。

どんよりとした灰色の空からは、冷たい雪が舞い散る日も多くなりました。

11月下旬。

一夜にして景色が変わってしまうほどの大雪が降りました。

景色から色がなくなったような、白と黒、モノトーンの世界に様変わりです。

北星山の頂から望む中富良野の街も、白い雪に覆われました。

富良野盆地が、一面真っ白い雪に包まれています。

日が暮れて、暗くなるのも早くなりました。

今の時刻は夕方の4時。

夕方の4時を迎えるころには、太陽が西の空に沈んでいきます。

西日に照らされ、十勝岳連峰の白い頂きが、ほんのりピンク色に染まっています。

日が暮れてくると、グッと寒さも増してきます。

夜には氷点下まで気温が下がる日も増えてきました。

気温が下がり良く晴れた日の朝。

草木の周りを覆う霧氷に出会えることがあります。

これは、草木に付いた空気中の水蒸気が凍りついたものです。

太陽の光に照らされて輝いています。

寒い朝に見られる魔法のような光景。

とても神秘的に感じられます。

11月も終わりに近づき、これから、いよいよ雪と寒さに覆われた富良野の白い冬が始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です