vol.147.富良野 秋の森の贈り物 ~麓郷街道の紅葉~

10月中旬。

朝晩の気温が低くなり、霜が降りる季節となった、北海道富良野。

朝、草花についた霜が太陽の光を浴びて、輝いています。

里の山にも、美しい彩りの紅葉が見られるようになりました。

富良野市街から麓郷へ向かう道道544号線、通称、麓郷街道を通って、紅葉を楽しむドライブに出かけました。

布部川に沿って走る麓郷街道の道沿いは、

美しい秋色に輝いていました。

赤や黄色や緑のグラデーションが山を彩っています。

大きなカツラの木も、

見事に黄葉しています。

あたりが甘い香りに包まれています。

葉っぱの先から秋が始まっている、ハウチワカエデの葉。

ゆっくりと絵の具で色が塗られていくようです。

真っ赤に色づいている葉や

だいだい色に染まる葉。

優しい黄色に色づいたイタヤカエデもありました。

秋を知らせる彩りです。

足元には、秋色の落ち葉の絨毯が広がっています。

道端にしゃがんで葉っぱを数枚拾い、帰宅しました。

秋の森からの贈り物を、自宅の庭のテーブルに並べてみました。

綺麗な彩で、テーブルが華やかになります。

富良野の秋は、日を追うごとに肌寒く、日が暮れるのも早くなっています。

冬の足音が近づいてくるこの季節は、少し寂しい気持ちにもなります。

けれど、今日は、赤や黄色、だいだい色の葉っぱを眺めているうちに、心に暖かいものが広がってきました。

この暖かい気持ちを忘れたくないように。

そう思い、赤い葉っぱを本の栞として、使うことにしました。

一つ、心の冬支度ができたように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です