vol.128.中秋の名月・中富良野町北星山から

北海道中富良野町、9月13日、午後5時半の風景です。

太陽が西の空に傾き始めました。

辺りが黄昏の色に染まっています。

今日は中秋の名月。

秋晴れのお天気に恵まれた今夜は、お月見日和です。

すっかり涼しくなった秋の風に、ススキが揺れています。

夕陽に照らされた穂先は、明かりを灯したようです。

美しい金色に輝いています。

とても幻想的な光景です。

北海道中富良野町、北星山の山頂に、お月見に出かけました。

北星山からは、中富良野町の街並みや十勝岳連峰を一望できます。

午後6時ころ、十勝岳連峰の南の端から、明るい月が顔を出しました。

あっという間に、時間にすると2~3分の間に、山際から月がすっかりと姿を現しました。

綺麗な十五夜の月です。

月が夜空に昇っていく間に、辺りは暗くなり、中富良野の町に明かりが灯り始めました。

月が徐々に高くなり、街灯りも広がっています。

遠く向こうには、富良野市街の明かりも見えています。

辺りはすっかり暗くなってきました。

夜空には、小さく星が瞬き始めました。

6時20分。

街は夜のベールに包まれました。

夜空に浮かぶ月は一層美しい輝きを放っています。

月夜の始まり見ていた、幻想的なひと時でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です