vol.121.8月下旬の鳥沼公園

8月下旬、玉ねぎの収穫も進み、

稲穂も実る季節になりました。

夏から秋の装いに変わりつつある北海道富良野。

曇り空が続いていましたが、ようやく綺麗な青空が見えました。

今日は、緑あふれる鳥沼公園を訪れてみます。

鳥沼公園は、大きな木が茂り、美しい沼のある公園です。

富良野市街から6キロ程、道道253号線を東に向かいます。

途中の畑では、トウモロコシが大きく育っています。

公園内には、見上げるほどに伸びた、ミズナラやハンノキ、ヤチダモなど、大きな木々が生い茂り、緑の森を感じさせます。

木々の葉で遮られた日差しは、木漏れ日となって優しく地面を照らしています。

今日の気温は24度。

木漏れ日が優しく感じられます。

透明度の高い、緑色の水面に周りの景色が映し出されています。

沼の水が木々の緑と空の青に染まっています。

鳥沼公園は、アイヌ語で「チカプ・ウン・トー」「鳥のいる沼」という意味から名付けられたそうです。

遠くにカモがゆったりと泳いでいる姿が見えます。

沼の水が勢いよく、川へと流れていきます。

美しい景色の中で、心が癒されていきます。

沼の反対側に周り、対岸から景色を眺めることも出来ます。

木々に覆われた小道を歩いていきます。

高く茂った木々の葉で日差しが遮られ、涼しい風が通り過ぎていきます。

葉の色が少しずつ、黄色に変わってきています。

赤く染まる葉も見つけました。

秋がもうすぐそこです。

対岸からの景色にも、水面に空や緑が映し出されています。

木々の間から見える沼の景色は、美しい緑色のグラデーションが輝いています。

切り株の上の松ぼっくりは、木のテーブルの上に乗せられた森の贈り物のようです。

大きな木の下に若木も伸びています。

大きなイチョウの木。

イチョウの葉も黄色に色づき始めています。

木々の葉の色が変わり始めています。

足元にも秋の知らせを見つけました。

鳥沼公園の大きさは、9.6ヘクタール。

美しい沼や雑木林をゆっくり眺めることが出来ます。

夏場は無料のボートで、美しい景色を楽しめます。

季節の移り変わりをゆっくりと楽しみます。

すぐ近くにある、人気のフラノバーガーでランチを楽しむことができます。

野鳥やリスなどに出会えるかもしれません。

心地よい風が通り過ぎる美しい景色の中で、ゆっくりと時間を過ごせました。

紅葉の美しい時期にまた訪れたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です