vol.117.富良野・花畑 8月中旬のファーム富田

吹く風に秋の気配を感じるようになった8月中頃。

北海道中富良野町のファーム富田を訪れました。

ラベンダーの季節は終わりましたが、

まだしばらく、彩り豊かな美しい花畑を楽しむことができます。

今の時期、特に色鮮やかに咲いているのは、ケイトウです。

鮮やかなピンクや赤、

元気溢れる黄色のケイトウが咲き誇っています。

ケイトウの名は、花の形が鶏の鶏冠(とさか)に似てることから、名付けられたそうです。

日の光を浴びたケイトウがまぶしいくらいに輝いていました。

ファーム富田の花畑は、花の種類を変えながら、秋まで鮮やかな彩りを楽しめます。

温室のグリーンハウスの中では、ラベンダーの花にも出会えました。

爽やかなラベンダーの香りがしています。

一年を通して暖かい温室では、寒さ厳しい冬の間でも、ラベンダーの花を楽しむことができるそうです。

ファーム富田を歩いていると、あちこちで小さな秋の始まりを目にしました。

色づきはじめたナナカマドの実。

可愛らしいドングリも秋の準備を始めています。

ハマナスや

トチノキも大きな実を付けていました。

たわわに実ったヒメリンゴもありました。

赤く実って美味しそうですが、渋みが強く、残念ながらそのまま食べるには向かないそうです。

実りの秋はもうすぐそこです。

色鮮やかな花畑を楽しみに訪れる多くの旅行者の姿に、富良野の夏を感じる一方で、

頬をなでる風や空の雲、

色づき始めた木々に、秋の気配をすぐ近くに感じます。

夏と秋の季節の間。

今の富良野はちょうどそんな季節なのかもしれません。

8月中頃のファーム富田で、夏から秋への季節の移り変わりを感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です