vol.106.富良野の夏を感じる 北海へそ祭り・ソフトクリーム・ラベンダーエクスプレス

7月も終わり、間もなく立秋になります。

現在は、二十四節気の大暑。

文字通り、北海道富良野も連日30度前後の暑い日が続いています。

まさに夏真っ盛りです。

富良野の夏と言えば、

ラベンダーに

メロンなどが真っ先に浮かびます。

他にも、富良野の夏を感じるものがいくつもあります。

北海道の中心に位置する富良野は、へその街としても有名です。

今年も月28日、29日の両日は、北海へそ祭りが行われました。

祭りのメインは、へそ踊りです。

お腹を顔に見立てて絵を描き、頭を隠すように大きな笠をかぶり、お腹をくねらせて踊る、ユニークな踊りです。

お腹に描かれた図腹は、表情豊かにゆっくりと音楽に合わせて練り歩きます。

2日間で4000人が踊り、7万人の観客が集まる、北海へそ祭り。

今年も沢山の方が、熱くユニークな姿と踊りを見せてくれていました。

この季節には、店先にソフトクリームの置物をよく目にします。

富良野市清水山の麓にある、ぶどう果汁工場では、

ぶどう果汁ソフトクリーム。

綺麗な紫色です。

ぶどう果汁のぶどうの香りとミルクの味が調和し、爽やかで美味しいソフトクリームです。

富良野市街にお店を構える、菓子司新谷さんのふらの雪どけチーズソフト。

期間限定で、メロンやハスカップなどがトッピングされたものもあります。

たくさんのメロンの乗ったソフトクリーム。

爽やかなチーズのソフトクリームと、甘いメロンがとても良い相性です。

牧場直送の牛乳を使った濃厚なソフトクリームの藤井牧場。

綺麗な紫色のラベンダー味もあります。

濃厚なミルクとラベンダーの香りが新鮮な味わいです。

冷たくて美味しい富良野ならではのソフトクリームが、多くの場所で楽しめます。

富良野市は、札幌からJRで2時間ほどの距離にあります。

6月から8月の間は、臨時特急ラベンダーエクスプレスが運行しています。

通常は、富良野、札幌間のJRの移動は乗り換えがありますが、臨時特急は直通で移動することができます。

ラベンダーエクスプレスの車両は、窓が大きく作られ、車窓から、美しい北海道の景色を眺めながら、ゆっくりと2時間の旅を楽しめます。

車両には、ラウンジもあり、ゆったりとしたソファに座って、時間を過ごすことも出来ます。

先頭の車両では、運転席の前に広がる前方の景色を眺めることができます。

雄大な北海道の景色を楽しみながらの快適な移動空間です。

6月から7月にかけての富良野は、美しい景色や

美味しいものを堪能できる季節です。

これから8月に入り、立秋を過ぎると、咲いている花や景色、収穫される作物も変わってきます。。

夏から秋への移り変わりも、また楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です