vol.94.富良野市清水山 六花亭のキカラシの花畑とカフェさくらの

澄み渡る空と初夏の風が心地よい北海道富良野。

山の緑にラベンダーの香り、

甘いメロン、

ゆっくり走るトロッコ列車のノロッコ号。

富良野の夏を実感します。

鮮やかな黄色で景色を彩る、清水山のキカラシの花畑も、夏の到来を感じさせてくれます。

JR富良野駅から車で5分程の距離にある、清水山。

ワインハウスやワイン工場、

六花亭にペンションなど、観光スポットの一つです。

ワイン工場からカンパーナ六花亭へと向かう道沿いの斜面が、6月下旬から7月にかけて、キカラシの花畑があらわれます。

斜面一面が鮮やかな黄色に彩られ、花畑に近づくと、甘い香りに包まれます。

ブドウ畑に囲まれたカンパーナ六花亭からすぐの斜面。

離れた所からも、鮮やかな黄色が目を引きます。

キカラシの花畑の向こうに、赤い屋根の建物が見えます。

2017年にオープンしたカフェ「さくらの」

キカラシの花畑や富良野の景色を眺めながら、お茶や食事をいただけるそうです。

雄大な景色を眺めながら、暑さで乾いた喉を潤したいと思います。

丘の上に建つ、「カフェさくらの」

ゆっくりと坂を上っていきます。

木立の中に建物が見えました。

カフェの中に入ると、大きな窓から富良野の景色が広がっています。

テラスに出て、ゆっくりと景色を眺めます。

先ほど、道端から眺めていたキカラシの花畑が眼下に広がっています。

美しい景色が広がっています。

黄色いキカラシの花畑の向こうには、富良野の田園風景が広がり、遠くに十勝岳連峰が見えています。

壮大な景色を眺めながら、テラスでぶどうジュースをいただきます。

爽やかな甘みが口の中に広がり、乾いた喉を潤してくれます。

グラスに浮かんでいたサクランボは、テラスの横にあるサクランボの木でなっていたものだそうです。

今が旬の柔らかく、甘いサクランボ。

木には赤い実がなっています。

爽やかな風に吹かれながら、美しい景色をゆっくりと楽しめます。

木がたくさん使われている店内からも、壮大な景色を堪能できます。

事前に予約しておくと、日の出を眺めてモーニングをいただけるそうです。

サンライズモーニング。

ここからの日の出は、さぞ美しいことでしょう。

今は、キカラシの花が風に揺れて、本当に美しい光景です。

富良野の夏を感じる時間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です