vol.92.富良野ラベンダー・中富良野町営ラベンダー園

北海道中富良野町の北星山が一面、紫色に染まりました。

7月中旬、見ごろを迎えたラベンダーの紫色の絨毯が広がります。

紫色の斜面の中に、赤いサルビアで縁取られた「なかふらの」の文字が際立っています。

ここは、中富良野町のシンボル、北星山の斜面に広がる中富良野町営ラベンダー園です

今年もラベンダーが美しく咲き誇る季節を迎えました。

中富良野町営ラベンダー園には、濃紫早咲、オカムラサキ、美郷雪華(みさとせっか)の3種類のラベンダーが咲いています。

美郷雪華は、中富良野町の花がラベンダーであることから交流が始まった秋田県美郷町オリジナルの白いラベンダーです。

文字通り白い雪のような花をつけています。

園内にはラベンダー畑の他にも、ひまわりや、

サルビア、マリーゴールドなど、たくさんの花が彩り豊かに栽培されています。

中富良野町営ラベンダー園の魅力は、美しい花畑だけでなく、観光リフトに乗って景色を堪能できるという楽しみ方が出来ることです。

連日多くの方で賑わう観光リフト。

観光リフトに乗って、北星山山頂まで登ってみようと思います。

色とりどりの花畑、心地よい風、花の香りを楽しみながら、約7分かけてゆっくりと山頂まで登っていきます。

手すりを握り椅子に座るタイプの観光リフトはとても開放的で、まるでラベンダー畑の上をお散歩しているようです。

一面のラベンダー畑が広がる景色を眺めながら、頂上へと向かいます。

北星山山頂に到着しました。

大きなベンチがあり、ゆっくりと景色を楽しめます。

山頂からは、美しいラベンダー畑と中富良野の町並み、そして富良野盆地に広がる田園風景を一望できます。

お天気の良い日には、ここから十勝岳連峰の大パノラマも望むことが出来ます。

山頂からの眺めは素晴らしく、時が経つのを忘れて、眺めに見入ってしまいます。

気持ちの良い風に吹かれながら、ゆっくりと北星山からの景色を味わいます。

再び観光リフトに乗って、山を下ります。

下りのリフトからの景色も本当に素晴らしいです。

街並みと田園風景のなかに吸い込まれているような感覚になります。

ゆっくりとリフトに揺られながら、景色を目に焼き付けます。

美しい景色を楽しめる観光リフトは、今年は8月31日まで運行されるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です