vol.90.富良野市麓郷を楽しむ

作物が育ち、田畑が豊かな緑に覆われている、北海道富良野。

よいお天気に恵まれて、今日はゆっくりと景色を眺めるドライブにぴったりです。

麓郷に向かってみようと思います。

富良野市街から国道38号線を帯広方向に向かって出発します。

綺麗な青空が広がっています。

途中、左折して道道544号、通称麓郷街道を走ります。

満開の桜が見られた道沿いが、今は緑に覆われれいます。

緑の畑も美しく輝いています。

麓郷の市街に入りました。

ここ麓郷は、ドラマ「北の国から」の撮影地としても有名です。

麓郷市街に入ってすぐに、「拾ってきた家」の看板があります。

ここは、ドラマ「北の国から」の中で使われた、廃材を集めて作った家を見ることが出来ます。

入国管理国でパスポートを購入して見学します。

廃車になったバスを使ったユニークな家。

バスのシートやつり革もそのまま使われています。

スキーのゴンドラを活用した存在感のある大きな家。

建物の中は、昭和の時代を彷彿とさせる懐かしい雰囲気です。

お酒の瓶をガラスブロックのようにはめ込まれ、使われなくなったものに命が吹き込まれていました。

生活が息づいている感じです。

豊かさが問われます。

周りには、ガラスの店、

美味しそうなお蕎麦屋さんや

ラーメン屋さんがあります。

店先に新鮮なメロンや野菜が並ぶ、夫婦食堂。

手打ちそばの暖簾も出ています。

富良野産のそば粉と季節の新鮮な野菜を堪能できるそうです。

さらに車を走らせ、アンパンマンショップとジャム園へ向かいます。

オルゴール堂の看板が見えていました。

アンパンマンショップとジャム園までもう少しです。

まわりの畑も美しい景色です。

豊かな緑の中にある、アンパンマンショップに着きました。

ジャム園との間の川のせせらぎが心地よい音です。

ジャム園の前の庭のヤマボウシが、可愛らしいピンク色の花を咲かせています。

おたまじゃくしの池では、たくさんのおたまじゃくしが元気に泳いでいます。

自然が身近に感じられます。

ジャム園をのぞいてみます。

2階の「やなせワールド」には、ジャムおばさんファミリーや、全国のキャラクターが展示されていました。

やなせさんの言葉に、「キャラクターはみんな僕のかわいい子どもたち」という言葉がありました。

キャラクターの愛らしい姿の原点を感じます。

自然の中に建てられたアンパンマンショップとジャム園は、子どもから大人まで笑顔になれる場所です。

お土産にジャムおばさんのサクサククッキーを買って帰ります。

富良野産小麦を使い、洋ナシジャムが入っているそうです。

ジャムおばさんのクッキーは、ホッとする優しい味がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です