vol.66.富良野 夏の訪れを感じて

北海道のほぼ中央に位置している富良野市。

周囲を山々に囲まれた自然豊かな土地です。

盆地特有の寒暖差が大きく、冬は寒さが厳しく夏は暑くなります。

芽を出し始めたジャガイモ

そんな厳しい気候のおかげで、美味しい農作物が実ります。

5月下旬には、富良野も30℃を越える日が2日ほど続きました。

例年にない暑さで、植物たちも驚いたことでしょう。

道端の花もたくさんの種類が咲き始めました。

例年6月下旬ころから開花の始まるラベンダー。

ひと足早く、花を咲かせていました。

今年はラベンダーの開花が早まるかもしれません。

ルピナス

ルピナスも、例年は6月頃から咲き始めますが、今年はすでに道端にその姿を見ることが出来ます。

藤の花を逆さまにしたような姿から、「立ち藤」、「昇り藤」、とも言われています。

ピンクや紫の花が、道端に彩を添えています。

フランスギク

マーガレットに似た、フランスギクの白い可愛らしい花が一面に咲いています。

花言葉は、「忍耐・寛容」

北海道の厳しい寒さに耐え、厳しい環境の中でも花を咲かせる、強さを感じます。

ハイランドふらのラベンダーの森

すっかり涼しくなったので、森林浴を楽しむために、富良野市街から車で15分ほどの距離にある、ハイランドふらのへ出かけました。

ヤマフジ

松の木の枝から、ヤマフジの花が見えます。

ヤマフジが薄紫の花房を下げています。

ハイランドふらの・らべんだーのうみ

ハイランドふらのは、ラベンダー畑も有名です。

なだらかな傾斜を利用したラベンダー畑。

看板には、「ラベンダーのうみ」と書かれています。

ラベンダーの花が咲く時期に、ここは紫色のうみに変わります。

ラベンダーの葉が力強く茂っています。あとひと月ほどで花を咲かせるでしょう。

カラマツ林が続きます

カラマツもたくさんの緑の葉を茂らせています。

カラマツの林が続いています。

落ち葉が道に積もり、落ち葉の道が出来ています。

カラマツ林

春から葉が茂り、夏に葉が満ち、秋には葉が落ちる。

生命の営みを感じます。

木々の葉の木漏れ日が、新緑を一層美しく輝かせています。

マイヅルソウ

足元にも生命の息吹を感じます。

マイヅルソウが可愛らしい花を咲かせています。

クルマバソウ

クルマバソウの可憐な花も見つけました。

フキ

フキも大きく葉を広げています。

フキの葉のしたのカタツムリ

フキの葉の裏側には、カタツムリが隠れていました。

一雨来そうな気配です。

ツツジ

ツツジは新緑の中で、際立つ鮮やかな色で咲き誇っています。

新緑の中での、鳥のさえずりとエゾハルゼミの鳴き声。

そして爽やかな風と懐かしい夏の香り。

五感が心地よく刺激されます。

たくさんの緑に囲まれて、新たな命の営みに、パワーをもらいました。

これから森の様相が一層変わっていくのが、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です