vol.59.富良野 新緑の麓郷街道の桜並木

麓郷街道(道道544号線)

北海道のほぼ中心に位置する富良野市。

富良野市街から、ドラマ「北の国から」のロケ地として有名な麓郷(ろくごう)に向かう道道544号線は、通称、麓郷街道(ろくごうかいどう)と呼ばれています。

街道沿いには、約300本のエゾヤマザクラが植えられ、地元では桜の名所としても知られています。

葉さくら

ゴールデンウィークの明けた5月中頃。

富良野の街中の桜は、もう散ってしまいましたが、山あいを走る麓郷街道の桜は、この頃に見ごろを迎えます。

桜を見に、麓郷街道へドライブに出かけました。

新緑のまぶしい麓郷街道

麓郷街道の新緑

まず、目に飛び込んできたのは、木々の新緑の鮮やかさです。

山が鮮やかに彩られています。

ピンク、白、黄緑、オレンジ、黄色、赤、深緑。

知っている色の名前では、表現しきれないほど、森が色であふれています。

白はコブシ、ピンクは桜、赤はイタヤカエデ、黄緑は白樺のようです。

たくさんの種類の木が、森の春を彩っています。

カツラの木の若葉

木々の一本、一本の若葉が、春の日差しを浴びようと、小さな葉を広げています。

生命力にあふれる、美しい光景です。

麓郷街道の桜並木

麓郷街道の桜並木

新緑の山を見ながらしばらく走ると、見事な桜並木が見えてきました。

満開の美しい桜です。

桜並木と布部川

布部川(ぬのべがわ)の清々しいせせらぎが聞こえてきます。

日差しは暖かく、目に前には満開の桜や色鮮やかな新緑が広がっています。

春の季節の真ん中にいる、そんな気持ちになりました。

と同時に、長かった冬も思い出します。

真冬の富良野

富良野の長く厳しい冬。

凍てつく寒さと一面の雪。

この雪が解ける日が来るのだろうかと思うこともありました。

新緑の富良野

今、明るく暖かい春を目の前にして、確かに季節は巡る、ということを噛みしめています。

新緑の麓郷街道は、春の歓びが胸にしみる、素敵なドライブコースでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です