vol.55.かみふらの八景~和田草原とどんぐりの郷~

上富良野町は、北海道のほぼ中央、富良野盆地の北寄りに位置しています。

旭川空港から車で50分程の距離にあります。

千望峠から上富良野町の街並みを望む

上富良野町の街は、雄大な十勝岳連峰の麓に広がります。そのため、街の様々な場所で美しい山並みを見ることが出来ます。

そんな景色の中から、景観の美しい場所として厳選された「かみふらの八景」

今日はその、「かみふらの八景」の一つ、「和田草原とどんぐりの郷」をご紹介します。

広々とした景色が広がる和田草原とどんぐりの郷

道道291号線と東4線道路の交差点

和田草原とどんぐりの郷は、JR上富良野駅から約2.5キロほど東に位置しています。

道道291号線と東4線道路の交差点北東側の小高い丘にあります。

和田草原とどんぐりの郷への登り口

交差点のすぐ横が駐車スペースとなり、草原への登り口があります。

斜面を登ります

そこから、息が切れるほどの急な斜面を2~3分登っていきます。

斜面を登りきると、パッと目の前が開けて、雄大な景色が目に飛び込んできます。

見渡す限り、緑色の草原が広がっています。

広々とした草原の向こうには、十勝岳連峰の山並みが見えます。

雪解けが進み、山肌が見え始めた美しい富良野岳や十勝岳。

草原の新緑と木々の深い緑と山々。

美しい景色です。

かみふらの八景(和田草原とどんぐりの郷)

広い草原を歩いていくと、かみふらの八景の標識が立てられていました。

向かって左側、頂にまだ真っ白い雪が残る円錐形の山頂が、十勝岳です。

十勝岳に向かって、草原を歩きます。

十勝岳

歩いても、歩いても、広い草原が続いています。

先ほどより、十勝岳が大きく見えてきました。

うっすらと立ちのぼる噴煙も見えます。

十勝岳がとても近くに感じられます。

和田草原から南側を望む(右側の建物は後藤純男美術館)

南側に目をやると、富良野盆地や春霞にけむる富良野西岳や芦別岳を望むことが出来ます。

雄大な山並みに囲まれた富良野盆地。

これから美しい景観を楽しめる季節になります。

ここは訪れる人も少なく、静かな場所です。

ゆっくりと、山や大地、緑の木々や大空を感じることができました。

静かに、豊かな自然を楽しみたい方にお勧めしたい場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です