vol.53.富良野 朝日ヶ丘公園 桜の便り

ゴールデンウィークの後半に入り、桜の開花が始まった北海道富良野市。

1年を24の季節に分けた二十四節気で、今年は5月6日に立夏(りっか)を迎えます。

この日から立秋(りっしゅう)の前日までが夏とされています。

野山が新緑に彩られ、夏の気配が感じられる季節になりました。

まさに、今日の富良野も最高気温が23℃まで上がり、夏を感じる陽気になりました。

街中の桜も咲き始めました。

今日は、富良野市内の桜の名所、朝日ヶ丘公園の桜を見に行ってみます。

朝日ヶ丘公園内の日赤の森は、桜園とも呼ばれ、たくさんの桜が植えられています。

桜の木と、大きなどんぐりの実をつける、あかならがアーチを作るように植えられています。

公園の西側には、遠くに富良野西岳もはっきりと見えます。

大きくそびえる白樺の木と背景の山々が美しい姿です。

澄み渡る青空が大自然の美しさを際立たせています。

桜のつぼみが少しずつほころび始めています。

朝日ヶ丘公園内のなまこ山も、ほんのり赤く優しい色に色づいています。

今の時期は、朝日ヶ丘公園内のパークゴルフ場では、桜を楽しみながら、プレーをすることが出来ます。

なまこ山に登ると、遠くに十勝岳連峰が雄大な姿を見せてくれています。

こぶしの花の白と、桜のピンクと、青空と山並みが、初夏の到来を感じさせてくれます。

鳥たちのさえずりが辺りに響き渡ります。

なまこ山の頂の大きなエゾヤマザクラも咲き始めています。

エゾヤマザクラは、野生の桜の中でも、最も濃くて赤く、色鮮やかです。

花が咲くと同時に赤っぽい葉の芽が開くので、花と葉で木全体が余計に赤く見えるそうです。

なまこ山を下ってくると、エゾつつじも花盛りです。

間もなく桜の満開を迎える富良野市朝日ヶ丘公園内のなまこ山。

これからが楽しみです。

富良野西岳も美しい姿です。

なまこ山のすぐそばを流れる空知川。

雪どけの水で勢いがあります。川辺のヤナギが美しい新緑で川辺を彩っています。

富良野の最も美しい季節の始まりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です